フィルムカメラ、中古レンズ販売ならサンライズカメラ

 0744-46-9124

営業時間:10:00~18:00(定休日:日・祝)

特別連載ブログ フィルムカメラのある生活

2019.03.04

オールドレンズ撮り比べ⑪CONTAX Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G & Sonnar T* 90mm F2.8 G(作例あり)

← ブログトップページへ戻る

こんにちは、雨樹一期です。今回はミラーレス一眼カメラと、フィルムカメラの撮り比べになります。

前回に引き続き、フィルムカメラは「CONTAX G1(コンタックスG1)」、ミラーレス一眼は「Sony α7」です。
使用したレンズは「CONTAX Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G(ビオゴン)」「CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G(ゾナー)」になります。

「CONTAX G1(コンタックスG1)」は、ツァイスレンズがオートフォーカスで使える、レンジファインダーカメラです。
露出もピント合わせもお任せで、レンズ交換も可能です。

聞いただけで欲しくなりますよね。

前回の撮り比べは以下より。CONTAX G1の魅力についても書いています。

オールドレンズ撮り比べ⑩CONTAX Carl Zeiss Planar T* 45mm F2 G(作例あり)

コンタックスG1(CONTAX G1) 孤高のAFレンジファインダーカメラ


「CONTAX Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G」での撮り比べ

CONTAX G1 (フィルムカメラ)で撮影

フィルムは「FUJI C200」を使用しました。業務用に続く安価なフィルムですが、富士のフィルムは本当に性能がいいですね。
粒状性の良くて、安さはほぼ感じません。
発色に関してはややランダムで、クリアーに撮れる時もあれば、黄色味が強くなることもあります。


ISO 200/絞り F11

28mmなので広角レンズです。広く撮れるだけに(余分なものまで写り込むことがある)苦手な方もいますが、好きな方はハマる焦点距離ですね。


ISO 200/絞り F5.6

逆光で撮影。虹色のゴーストが出ていますね。やっぱり広角レンズはローアングルの撮影がカッコイイですね。


ISO 200/絞り F8

28mmの焦点距離は「街撮りに良い!」と言われがちですが、田舎撮りにもオススメです。


ISO 200/絞り F5.6

そして空を撮る時も大活躍してくれます。


ISO 200/絞り F5.6

色の乗り、コントラストも強めで良いですね。んーーこのレンズ、もしかしてめっちゃ良いのでは。


ISO 200/絞り F2.8

カフェなどでも座ったまま撮れます。


ISO 200/絞り F2.8

フィルムで撮る料理の写真もいいですね。


ISO 200/絞り F5.6

ここからフィルム変更。「Kodak Ektachrome E100」でリバーサル現像をしています。
ネガには出せない鮮やかさ。見た目以上の世界が撮れます。前回のレンズ「Contax Carl Zeiss Planar T* 45mm F2」でも数枚撮影しています。


ISO 200/絞り F4

鮮やかなフィルムを使うのなら、やっぱり広角レンズは相性抜群。
「FUJI C200」で撮影した夕暮れと同じような色でしたが、こちらはキレイな赤紫色になりました。

「CONTAX G1」+「Biogon T* 28mm F2.8」の組み合わせでは、直感的に「好きだわー」って写真が多かったです。
オートフォーカスの精度も良かったです。

Sony α7(ミラーレス一眼)で撮影

フィルムカメラとは逆に、ミラーレスでの撮影はマニュアルフォーカスになります。なんだか変な感じですが。
一般的なレンズは、レンズのフォーカスリングでピントを合わせますが、コンタックスGシリーズのレンズはマウントアダプター側のフォーカスリングで行います。
微々たる差ではありますが、少し扱いにくかったです。

絞り F2.8/露出補正 +1 2/3

先にフィルムで撮影していたので、ミラーレス一眼では実験的な撮影。まずは開放F2.8でのボケ具合をみていきます。
広角レンズなのでボケは弱いですが、描写力はいいですね。

絞り F2.8/露出補正 +1 2/3

だけど被写体にグッと近づくとボケも強くなります。

絞り F4/露出補正 +1 2/3

広角レンズは大胆なくらいのローアングルで撮影すると面白いです。


絞り F5.6/露出補正 −1

海外ドラマの「ブレイキング・バッド」なイメージで、ごりっと加工してみました。コントラストを強く、鮮やかにするとドラマチックですね。

やり過ぎたゴリゴリ加工ばかりになるのは個人的には好きではないし、いじっていたら元の画像と全く別物になることがあるので、ほどほどに。

「CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8」での撮り比べ

CONTAX G1 (フィルムカメラ)で撮影


ISO 200/絞り F2.8

28mmと同じくフィルムは「FUJI C200」を使用しました。
ゾナー90mmは中望遠なので、被写界深度は浅くなります。ブランコの中心部分以外はボケています。

ISO 200/絞り F4

手前から奥まで、ボケ具合が良いですね。


ISO 200/絞り F2.8

難点もあります。

ミラーレス一眼を使ってマニュアルでピントを合わせるのなら問題ありませんが、CONTAX G1のオートフォーカスにお任せすると、ピントのズレや抜けがかなり目立ちました。


ISO 200/絞り F2.8

こちらもシュガーポットにピントを合わせたつもりですが、少しずれてます。
マニュアルで合わせることも可能なのですが、ファインダーを覗いても一眼のように確認が出来ないので、ちょっと厳しいですね。

ISO 200/絞り F5.6

二階に居る猫ちゃんにピントを合わせたかったですが、、、これは仕方ないかな。


ISO 200/絞り F8

色の乗りについてはとても良いですね。

ISO 200/絞り F8

ISO 200/絞り F2.8


ISO 200/絞り F2.8

子供に合わせたつもりが、これもピントを外してますね。

フィルムカメラの「CONTAX G1」で撮るのなら、「Planar T* 45mm F2(プラナー)」や「 Biogon T* 28mm F2.8 G」が良いなー、が僕の率直な感想です。

Sony α7(ミラーレス一眼)で撮影


絞り F2.8/露出補正 +1/3

RAWで撮りましたが、無補正(無加工)での状態。ゾナーらしいコントラストの強い描写です。


絞り F2.8/露出補正 +1 2/3

プラス補正で明るく撮影。コントラストの強さも弱くなりますね。

絞り 4/露出補正 +2

ゾナーは無機物との相性が良いのですが、ポートレートにも使えます。焦点距離の90mmもポートレート向けです。

絞り F2.8/露出補正 +2

中望遠のレンズはやっぱりボケ味がいいですね。マニュアルフォーカスなので、「CONTAX G1」で撮影した時のようにピントが外れることもありません。


絞り F2.8/露出補正 +1 2/3

G1のオートフォーカスに任せると、このような小さい被写体にはピントを合わせるのは難しいかもしれません。


絞り F2/露出補正 +2

中望遠は前ボケも活かせます。

ピント合わせを考えると、「CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8 G(ゾナー)」はミラーレス向けのレンズです。
色合い的にはフィルムでの撮影が好きなんですけどね。

 

まとめ

Gシリーズ3種のレンズで撮り比べてみた、(個人的)好きな組み合わせランキングは以下の通りです。

1、「CONTAX G1」+「Biogon T* 28mm F2.8 」
2、「ミラーレス一眼」+「Planar T* 45mm」
3、「CONTAX G1」+「Planar T* 45mm」
4、「ミラーレス一眼」+「Sonnar T* 90mm F2.8」
5、「ミラーレス一眼」+「Biogon T* 28mm F2.8 」
6、「CONTAX G1」+「Sonnar T* 90mm F2.8」

フィルムカメラなら広角のビオゴン、ミラーレス一眼ならゾナー。プラナーはどちらでも抜群でした。焦点距離も考えると、とりあえずプラナーは必須ですね。

 

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

著者紹介:雨樹 一期(Ichigo Amaki)

フィルムカメラ・トイカメラの多重露光などで作品撮りの傍ら、大阪・東京を中心に全国でフィルムカメラワークショップを開催。 その他、カメラの個人レッスン、ペット・家族の撮影をしています。 基本、娘と猫と珈琲とカレーに生かされてます。

この著者の他の記事

ブログトップページへ戻る

ABOUT THIS ARTICLEサンライズカメラについて

サンライズカメラはフィルムカメラを専門に扱うオンラインショップです。カメラ・レンズの販売買取だけではなく、カメラ愛好家が集うサイトを目指して情報発信を続けています。公開中の記事は、カメラのプロライターが執筆したものから、フィルムカメラを初めて手にした初心者の体験レポートなど、多種多様にそろえています。デジタルカメラとは違うフィルムカメラの魅力に触れて頂けたら嬉しいです。「こんな記事を書いて欲しい」というご要望もお気軽にお聞かせください。 

TOP > 我らフィルムカメラ主義 > オールドレンズ撮り比べ⑪CONTAX Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 G & Sonnar T* 90mm F2.8 G(作例あり)

ショッピングガイド

ご注文とご連絡の受付

WEBサイト上からは24時間いつでもご注文可能です。

お電話でのお問い合わせ、メールのお返事は、平日10:00~18:00に受け付けております。

お支払方法

クレジットカード

クレジットカードブランド一覧
カード決済にはVISA/JCB/MASTER/ダイナース/AMEX/NICOSなど、国内主要カードがご利用いただけます。

代金引換

商品受け取り時に配達員の方へ商品代金をお支払いいただきます。別途手数料を頂戴いたします(一律500円)

銀行振込

振込先はジャパンネット銀行となります。振り込み手数料はご負担ください。

PAYPAL

インターネット決済サービス「PAYPAL」を通して、商品代金をお支払いいただけます。

送料とお届け日数

ヤマト運輸宅急便発送・送料無料

ご入金いただいてから、24時間以内に発送します(日曜、祝日を除く)。ヤマト運輸「宅急便」でのお届けです。

※沖縄県、北海道、離島については航空便利用のため、1,500円の送料を頂戴します。

送料とお届け日数

安心の1ヶ月間動作保証・返品可能

返品については(場合により手数料が発生しますが)、理由を問わず承っております。また、1ヶ月の保証期間内に動作に不具合が出た場合は、購入金額を上限とした修理または返金の対応をいたします。

詳しくはこちら

Facebook

〒633-0072 奈良県桜井市箸中194
古物商許可番号 奈良県公安委員会:第641050000619号

お問い合わせ