フィルムカメラ、中古レンズ販売ならサンライズカメラ

 0744-46-9124

営業時間:10:00~18:00(定休日:日・祝)

特別連載ブログ フィルムカメラのある生活

2018.09.14

M42マウントアダプターの選び方と注意点 豊富なオールドレンズの使い方とは?

← ブログトップページへ戻る

M42マウントアダプター

いま、ミラーレス一眼に取り付けて使う人が増えているオールドレンズ
なかでもとくに種類が多く、人気が高いのがM42マウント(M42スクリューマウント)のマウントアダプターです。

主に1950〜1970年代にかけて、フィルム一眼レフカメラ用のかずかずの名レンズ・珍レンズが製造されたM42マウント。
構造が簡単なため、マウントアダプターも安価です。

ただし、M42マウントのオールドレンズは、種類によって構造に微妙な違いがあるため、使用に制限があったり、取り付けができないことも。
そこで今回は、M42マウントアダプターを選ぶときの注意点について解説します。

オールドレンズ入門にも最適なM42マウント。
ぜひ、これからオールドレンズを始めたいという初心者の方も参考にしてくださいね。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

M42マウントのオールドレンズ

M42マウントのオールドレンズなら、こんな写真が撮れますよ!

PENTAX Super Takumar 55mm F1.8で撮影

Super Takumar作例

Super Takumar作例

Super Takumarについて詳しくはこちら

スーパータクマーで楽しむオールドレンズ入門のススメ!!

Helios-44 58mm F2(ロシアレンズ)で撮影

Helios 作例

Helios 作例

Helios-44について詳しくはこちら

M42マウントとマウントアダプター

フィルムカメラの時代、日本・ドイツ・ロシアを中心に広く使われたM42マウント。

まず、どんなマウントなのでしょうか?

M42マウントとは

M42マウント

M42マウントとは、「スクリューマウント」(ねじマウント)の一種。
レンズマウント自体が口径の大きな(M42では42mm)のネジになっており、カメラに着脱するときにはレンズ自体をくるくると回して行います。

その構造上、レンズの着脱に少し時間がかかります。
現代のレンズ交換式のカメラで使われているバヨネットマウント(60度くらい回すだけで着脱可能)に置き換えられたのもそのためです。

そんなM42マウントが広く使われたのは、製造が容易なため。
基本的には単なるネジなので、1960年代以前の一眼レフカメラがまだ発展途上な時代には、国を問わず採用が相次ぎました。

ただのネジであるためパテントが存在しないのもポイント。
国やカメラメーカーを問わず使えるため、たとえば日本製のカメラにドイツ製のレンズを付けたり、ロシア製のカメラに日本製のレンズを取り付けたりすることもできるのです。

構造が簡単なので安価に購入可能

M42マウントは、単なるネジであるという特徴もあり、高品質なマウントアダプターが安価に手に入るのも特徴。

具体的には、2000円前後のものを選んでおけば問題ないでしょう。
Nikonなどのバヨネットマウント用の製品にも同価格帯のものがありますが、構造の簡易さから、よりスムースな仕上げが期待できます。

中国製の安価な製品には1000円以下のものもありますが、そのような製品は寸法の誤差が大きく、フランジバック(レンズマウント面とイメージセンサーやフィルムの距離)がズレてピントがおかしくなったり、ミラーレス一眼カメラ本体への取付時にガタがあったりなど、トラブルの要因となります。

使いたいレンズによって互換性の問題がある

M42マウントアダプター

そんなM42マウントのオールドレンズをマウントアダプターで使う場合、注意したいのが互換性

M42マウントは構造があまりにも単純なため、各メーカーによって独自に拡張が繰り返されてきました。

そのなかには他メーカーにも広まり事実上の業界標準になったものもあれば、そのメーカーだけの独自仕様になったものもあります。

採用数が多い仕様のレンズには、マウントアダプター側で対応している場合が多いので、マウントアダプターを選ぶ際に気をつければ、問題なく使用が可能です。

いっぽう、メーカー独自仕様のレンズについては、マウントアダプターでの使用が難しいものがあるため、注意したいレンズをこの記事でも解説します。

M42マウントアダプター 購入時の注意点

では具体的には、M42マウントアダプターを購入するときにはどんなことに気をつけたらよいのでしょうか?

1.自動絞り連動ピン押し込み機構があるものを選ぶ

M42用アダプターの種類

M42マウントのレンズには、一眼レフカメラでの撮影時に必要な「自動絞り」を内蔵したものが多いです。
自動絞りとは、ファインダーを覗いてピントや構図を合わせるときには絞りが開放になっていて(ファインダーが明るくなる)、撮影のときだけ絞りが設定値に絞り込まれる機構。
1960年代以降のレンズの9割以上は自動絞りを採用しているといえるでしょう。

M42マウントの自動絞りレンズでは、レンズ後ろ側のピン(自動絞り連動ピン)を押し込むことで絞りが閉じるようになっています。

M42 自動絞り連動ピン

フィルムカメラで使うぶんには、カメラ本体に自動絞り連動ピンを押し込む機構があるので問題ありません。
しかし、ミラーレス一眼カメラには当然そのような機構がないため、マウントアダプター側で対応する必要があるのです。

自動絞り連動ピン押し込み機構のあるマウントアダプター

自動絞り連動ピンを押し込む機構といっても、構造はとても単純なもの。

このように、レンズを装着するネジの内側に、薄い板が円形に張り出しています
ここにピンがあたることで、自動絞り連動ピンを常に押し込んだ状態にしてくれるのです。

押し込み機能付きアダプター

※ミラーレス一眼ではファインダーや液晶が電子的に表示されるので、光学的にファインダーを見るフィルムカメラと違い、絞りを絞り込んでも表示が暗くなることはありません

M42マウントアダプターを購入するときには、基本的には、幅広いレンズが使える、自動絞り連動ピンを押し込む機構があるアダプターを選ぶことをおすすめします。

レンズにも自動絞りのON-OFF切り替え機構があるものが存在

Super Takumar 28mm F3.5

ちなみに、レンズ本体で自動絞りのON-OFFを切り替えできるレンズも、少なくない数が存在します。

もっとも有名なのがPENTAXのSuper TakumarやSMC Takumar
レンズの根本にスライド式のスイッチがあり、OFFにすると、自動絞り連動ピンを押し込んだときと同じように、実際の絞りの設定値に絞り込まれます。

Super Takumar 28mm F3.5

ほかにも、国産、海外製ともに多くの製品が同様の機構を内蔵しています。

自動絞りのON-OFF切り替えができないレンズ

いっぽう、自動絞りのON-OFFが切り替えられないレンズもあります。

M42レンズの種類

具体例としては、
・富士フイルムのFUJINON
・Carl Zeiss Jena製のM42マウントレンズ
・ロシアレンズのHelios-44M-4以降(44M-3以前は切り替えスイッチあり)

などがあります。
これらのレンズをミラーレス一眼で使うときには、上記の押し込み機構のあるアダプターが必須です。
(もし押し込み機構がないと、絞り開放でしか使えません)

手動絞りレンズ・プリセット絞りレンズは問題なく使用可能

なお、自動絞りが普及する以前には、手動で絞りを操作するM42マウントレンズも数多くありました。

絞りの値を設定するとそのまま絞り込まれるので、こちらはどんなマウントアダプターでも問題なく使えます
(ただし、一眼レフカメラではファインダーが暗くなります。ミラーレス一眼では問題ありません)

例としては
・Carl Zeiss JenaのTessarやBiotarなどの古いモデル
・ロシア製のHelios-44(44のあとにMがつかないモデル)
・ロシア製のJupiter-9

などが代表的です。

Helios-44 M39マウント
例:Helios-44

2.レンズを装着したときの角度

M42マウントアダプター

もうひとつ注意が必要なのは、レンズを装着したとき、カメラ本体とレンズが正しい角度で止まるのかということです。

M42マウントはただのネジ
ということは、ネジの山を切りはじめる位置によっては、レンズが上下逆さまの位置で止まってしまう可能性も
すると、カメラを構えたときに絞りやピントの数字が読めなくなってしまうのです。

解決策は、2000円前後〜の信頼できるメーカーのマウントアダプターを購入すること。
これくらいの値段以上の製品なら、しっかりと角度を考えて製造されているので、そのまま問題なく使えます。

いっぽう、安価なM42マウントアダプターには、レンズ装着部分を回転できるような構造にして、六角レンチで固定しているものもあります。
そのようなモデルは、購入後にユーザーが自分で角度を調整して使うことを前提としています。
使って使えないことはないですが、精度の面では劣っているといえるでしょう。

オールドレンズならサンライズカメラ

購入時に気をつけたいM42マウントアダプター用レンズ

M42マウントアダプター本体を購入するときには、上記の2点に注意すれば問題ありません。

いっぽう、マウントアダプター本体が正常でも、レンズ自体の互換性の問題で、うまく装着できない製品も存在します。

1.富士フイルムの開放測光対応FUJINON

Fujinon 55mm F2.2

富士フイルムのM42マウントを採用したフィルム一眼レフカメラでは、1972年に発売されたフジカST-801以降、開放測光(絞りを絞り込まなくても露出計が使える)のための同時拡張が行われています。

これは、レンズの絞りリング後ろ側にピンを追加し、ボディ側のピンと噛み合わせるもの

M42マウントアダプターでは多くの場合、開放測光対応の富士フイルム製 FUJINON(フジノン)は、このピンが干渉するため装着ができません

Fujinon 55mm F2.2

「バブルボケ」で有名なFUJINON 55mm F2.2も、この問題が生じます。

もし無理にねじ込むと、ピンが接触して絞りリングが回せなくなってしまいますし、当然、無限遠も出ません。

じつは当時のフィルムカメラで使うぶんには、ボディ側のM42マウント部分は幅が狭かったため問題になりませんでした。
現代のマウントアダプターは構造上、マウント面にある程度幅があるため、このような問題が生じてしまうのです。

このピンを削り落としてしまえば装着は可能になるのですが、貴重なオールドレンズに修復不可能な解像を行うことは、正直いっておすすめできません。

M42マウントでFUJINONを使いたい場合、開放測光非対応の初期の製品を選ぶか、これ以上加工品を増やさないため、誰かが加工してしまったレンズを中古で探すのがよいでしょう。

2.Carl Zeiss JenaのElectricレンズ

Pancolar Electric 50mm F1.8

旧東ドイツのCarl Zeiss Jena(カール・ツァイス・イエナ)でも、開放測光のために独自拡張が行われています。

これはレンズのマウント面に電子接点を設け、カメラとやりとりするというもの。

場合によっては、着脱時にこの電子接点が引っかかるおそれがあります。

Pancolar Electric 50mm F1.8

ただし、多くの「マウント面が平滑な」マウントアダプターであれば、そのような心配はありません。

Carl Zeiss Jenaの製品について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

カール・ツァイス・イエナ銘レンズ11選 東ドイツ製で廉価に楽しむツァイスの魅力

オールドレンズならサンライズカメラ

M42マウントレンズの取り付け方

では最後に、M42マウントオールドレンズをミラーレス一眼に装着する方法を解説します。

1.用意するもの

M42レンズの取り付け方

用意するのは、

・使用したいオールドレンズ
・マウントアダプター

です。

2.レンズをマウントアダプターに取り付ける

オールドレンズをマウントアダプターに取り付けます。

M42マウントは、マウント部がねじになっているので、時計回りにねじ込んでいきます。

M42マウントのネジ

M42レンズをねじ込む

止まるまで回せばOKです。
(取り外しのときは逆回転すればOKです)

3.マウントアダプターに取り付けたレンズを、ボディに取り付ける

オールドレンズとミラーレス

カメラ本体に取り付けます。

取り付け方法は、他のレンズを取り付けるときと同様。
カメラ本体と、マウントアダプターの印を合わせて装着します。

ボディに取り付ける

これで装着完了です。

取り付け完了

マウントアダプターでオールドレンズを使う場合、ピントや露出の合わせ方など、いくつかの設定をするのがおすすめです。
こちらの記事で詳しく使い方を解説しているので、ぜひご覧ください。

ミラーレスカメラとオールドレンズの使い方 取り付けと本体の設定方法徹底解説

装着したレンズ(Super Takumar 55mm F1.8作例)

スーパータクマー作例

スーパータクマー作例

スーパータクマーについて詳しくはこちら

オールドレンズ撮り比べ ④ PENTAX Super takumar 55mm f1.8(作例あり)

スーパータクマーで楽しむオールドレンズ入門のススメ!!

簡単に取り付けられるM42マウントのオールドレンズ。
こんなに味のある写真を撮ることができますよ。

ぜひ、オールドレンズをマウントアダプターでもっと写真を楽しんでみませんか?

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

M42マウントアダプターでオールドレンズを楽しみませんか?

M42マウントアダプターを購入するときのポイントは2つ。

・自動絞り連動ピン押し込み機構があるものを選ぶ
・ネジの精度が出ている、2000円前後以上の製品を選ぶ

以上のことに気をつけていれば、豊富なM42マウントオールドレンズを問題なく使うことができるでしょう。

M42マウントのおすすめオールドレンズについては、以下の記事で詳しく解説しています。

オールドレンズの代表!M42マウントおすすめ中古レンズ10選

また、当店サンライズカメラ公式サイトでも各種M42マウントレンズを取り揃えているので、ご購入の際にはぜひご覧ください!

著者紹介:サンライズカメラ

サンライズカメラは、いまでは数少くなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。

この著者の他の記事

ブログトップページへ戻る

ABOUT THIS ARTICLEサンライズカメラについて

サンライズカメラはフィルムカメラを専門に扱うオンラインショップです。カメラ・レンズの販売買取だけではなく、カメラ愛好家が集うサイトを目指して情報発信を続けています。公開中の記事は、カメラのプロライターが執筆したものから、フィルムカメラを初めて手にした初心者の体験レポートなど、多種多様にそろえています。デジタルカメラとは違うフィルムカメラの魅力に触れて頂けたら嬉しいです。「こんな記事を書いて欲しい」というご要望もお気軽にお聞かせください。 

TOP > 我らフィルムカメラ主義 > M42マウントアダプターの選び方と注意点 豊富なオールドレンズの使い方とは?

ショッピングガイド

ご注文とご連絡の受付

WEBサイト上からは24時間いつでもご注文可能です。

お電話でのお問い合わせ、メールのお返事は、平日10:00~18:00に受け付けております。

お支払方法

クレジットカード

クレジットカードブランド一覧
カード決済にはVISA/JCB/MASTER/ダイナース/AMEX/NICOSなど、国内主要カードがご利用いただけます。

代金引換

商品受け取り時に配達員の方へ商品代金をお支払いいただきます。別途手数料を頂戴いたします(一律500円)

銀行振込

振込先はジャパンネット銀行となります。振り込み手数料はご負担ください。

PAYPAL

インターネット決済サービス「PAYPAL」を通して、商品代金をお支払いいただけます。

送料とお届け日数

ヤマト運輸宅急便発送・送料無料

ご入金いただいてから、24時間以内に発送します(日曜、祝日を除く)。ヤマト運輸「宅急便」でのお届けです。

※沖縄県、北海道、離島については航空便利用のため、1,500円の送料を頂戴します。

送料とお届け日数

安心の1ヶ月間動作保証・返品可能

返品については(場合により手数料が発生しますが)、理由を問わず承っております。また、1ヶ月の保証期間内に動作に不具合が出た場合は、購入金額を上限とした修理または返金の対応をいたします。

詳しくはこちら

Facebook

〒633-0072 奈良県桜井市箸中194
古物商許可番号 奈良県公安委員会:第641050000619号

お問い合わせ