フィルムカメラ、中古レンズ販売ならサンライズカメラ

 0744-46-9124

営業時間:10:00~18:00(定休日:日・祝)

特別連載ブログ フィルムカメラのある生活

2018.08.05

【番外編】『Contax Aria』+『Planar T* 50mm F1.4』で撮るフィルム別発色の特徴

← ブログトップページへ戻る


こんにちは、雨樹一期(あまきいちご)です。
フィルムカメラとミラーレスの撮り比べコラムを連載をさせて頂いていますが、今回はその番外編『フィルム六種類の発色の違い』をご紹介します。

今回使用したのは、定番、ふんわり、ノスタルジー、変な色、期限切れ、モノクロの六種類。どれも個性がキラリと光っています。
TOPのふんわり写真は『FUJI PRO400H』です。

「デジタルでも、色温度やクリエイティブスタイルを変更すればいいじゃない」と、うんちくおじいさんに言われるかもしれませんけどね。

フィルムそのものの描写が好きなのもありますが、そこはもうロマンです(笑)。
趣味はこだわるほどに面白いですからね。

前回(Part3)はこちら

オールドレンズ撮り比べ ③ CONTAX Sonnar T* 135mm F2.8 (作例あり)

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

Contax Ariaの魅力について

CONTAX Aria
今回、四種類のレンズにて撮り比べてみましたが、あらためていいカメラだなーと感じました。
ボディに関しては丸みがあり、描写の柔らかさも含めて女性的

無骨さもありません。

『ワイはフィルムカメラやで!』ではなく、
『わたしフィルムカメラよ♡』という感じ(笑)。

絞り優先・シャッタースピード優先での撮影も出来るので、露出も丸投げ出来ます。
ピントはマニュアルですが、露出をお任せ出来るだけでもフットワーク軽く撮影が出来ますね。

シャッタースピードは最速が1/4000と、現代のデジタルカメラにも匹敵します。
撮影と同時に自動でフィルムを巻き送りますが、音も軽快です。
マニアックな僕は、撮影後の巻き送りという作業も好きなので、「それは自分で送りたい!」と思いましたが、そうやって無理やりけなしてしまうくらい(笑)、非の打ち所がないカメラですね。

そんな魅力的なカメラAria。いろんなレンズだけでなく、いろんなフィルムで撮りたくなります。

今回、掲載する写真のレンズは、『Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4』で統一しました。

それではいってみましょう。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

 

FUJI C200(ネガフィルム)で撮影


価格は500円ほど。まとめ買いすると、もう少し安く購入出来ます。安価な割に粒状性も良くて優秀、フィルムらしい描写のC200です。第三回の撮り比べコラムでも使用しました。
国内では正規に発売されていないフィルムですが、普通に販売されています。

粒状性が良いというのは、ザラ付きが少ないということです。デジタルでいうところの、高感度撮影時のノイズですね。


絞り優先/F4/露出補正−1

フィルムは黄色〜赤カブリすることがあるのですが、C200はそれがランダムで表れます。いい意味でノスタルジックになりますね。


絞り優先/F5.6

ノスタルジーを感じる時間帯や場所にはやっぱりフィルムが合いますね。
記憶の世界を表現出来るのはフィルムならではです。


絞り優先/F8

アメ横の入り口をただ撮っただけですが、デジタルでは本当にただ撮っただけの一枚になるのですが、フィルムだとどこか味のある一枚に。

絞り優先/F2.8/露出補正+1

絞り優先/F1.4/露出補正+1

安価ということも考慮すると普段使いには一番かもしれませんね。とりあえずこれを使っておけばフィルムらしい写真が撮れます。

FUJI PRO400H(ネガフィルム)で撮影


価格は1220円。低彩度で優しく、柔らかい描写。明るく撮ることでうっすらと青みがかった色になります。
ゆるふわフィルムの定番ですね。僕もよく使います。


絞り優先/F1.4/露出補正+2 1/3

TOPの写真ですね。第一回の撮り比べコラムでも使用したフィルムですが、その時はフィルムらしい雰囲気を出したくて適正露出で撮影しました。
今回はPRO400Hらしさを全開で、ゆるふわな雰囲気で撮影。


絞り優先/F1.4/露出補正+2 1/3

少しパステル調になります。この青緑はたまりませんね。


絞り優先/F2.8/露出補正+2

「FUJI C200」のようなノスタルジックさはすっかり消えました。


絞り優先/F4/露出補正+2

大好きなローアングル撮影。逮捕されないように気をつけます(笑)。余白を入れつつ奥行きのある一枚。


絞り優先/F1.4/露出補正+2

こんなものまでどこか爽やかで、絵になるフィルム。青や緑を入れるのがオススメです。


絞り優先/F1.4/露出補正+2

東京駅もどこか優しい雰囲気になりました。
このフィルムを使用する際はとにかく明るく撮っています。露出補正で+2でもいいのですが、感度設定を100にしても明るく撮れますよ。

価格は少しお高めですが、唯一無二の活躍をしてくれるので、我が家では常にストックをしています。

Retro Chrome320(リバーサルフィルム)で撮影


海外の『Film photography Project』でのみ販売中の『Retro Chrome320』です。
描写があまりに気に入り過ぎて、100フィート缶を購入してフィルムローダーで巻き取ってワークショップなどで使ったり、ネットショップで販売をしています。
上記の写真はその手巻きしたフィルムに「70’s Summer」というフィルム名を勝手に付けて、ステッカーを貼っています(笑)。

100フィート缶は約30mの長巻き状態のフィルムです。これを一つ購入すれば、36枚撮りのフィルムを18本くらい制作出来ます。
フィルム全盛期はそれを使用して撮影している方が多かったのですが、販売終了も相次いでしまって、国内ではモノクロしか手に入らなくなりました。


絞り優先/F4

描写は見ての通りで、黄味がかっていて、強いザラ付き。まるで昭和の頃に撮ったかのうようです。
現在手にいれることが出来るフィルムの中では最もノスタルジックですね。


絞り優先/F2

撮影は江戸東京たてもの園。古い建物が並んでいます。一歩足を踏み入れればタイムスリップしたかのような雰囲気。

フィルムで撮るべき場所であり、このフィルムが最も相性が良いのではと思っています。


絞り優先/F2

子供の頃の写真って劣化してこんな色味になっていたりしますよね。それがナチュラルに再現出来る。フィルムカメラの魔法です。


絞り優先/F1.4

長屋・ちゃぶ台・お手玉。こんなとこに住んだことはないし、こんなシチュエーションも経験はないのですが、懐かしさを感じるのはなぜでしょうかね。

絞り優先/F1.4

とにかく、これもまた唯一無二なフィルムですね。

デジタルのノイズは邪魔だと感じるのですが、フィルムのザラ付きは味になりますね。

Lomography LOMOCHROME PurpleXR100-400(ネガフィルム)で撮影


価格は1380円。ロモグラフィーが販売している変わり種フィルム。
予想のつかない発色に驚くこと間違いなしです。


絞り優先/F1.4

発色はピンク〜赤〜紫。おそらく光によって、ガラリと変化します。逆光になるほど荒れ狂う感じです(笑)。


絞り優先/F5.6

普通に撮ればこの色味が多めになりますね。どんな被写体を相性が良いのか分かりません(笑)。
でも突然、無性に使いたくなるフィルム。

絞り優先/F8

ドラマチックというよりも、サイケデリックですね。見たことある風景も、見たことない場所に。
普段の通勤路などで使ってみるのも面白いかもしれませんね。

絞り優先/F5.6

太陽は隠して逆光で撮影。かなり赤が強くなりました。


絞り優先/F8

太陽も入れてのド逆光で撮影。紫に転びましたね。
とにかく、目に見える色をぶっ壊してくれます。

期限切れフィルム(ネガフィルム)で撮影


Kodak GOLD400の期限切れです。当時の価格はとても安く、500円以下で購入が出来ました。鮮やかさもあり、トイカメラとの相性はとても良かったです。
期限切れってなんや?ってことですが、フィルムには生産から2年ほどの期限があり、それをこえて使用すると発色が悪くなったり、ザラ付きが強くなります。

期限が切れても10年くらいなら像がなくなることはありませんが、めっちゃ薄くて何を撮っているか分からない、なんてこともあります。
とにかく使ってみないと分かりませんが、大化けすることもあり、これまたフィルムの楽しさの一つですね。


絞り優先/F4

てことで、いつ期限が切れたのか分からないものを使用しましたが、割と普通、でしたね(笑)。


絞り優先/F2.8

ただ、全盛期よりもザラ付きは強く、発色も落ちている感じはあります。


絞り優先/F1.4

ボケ部分のザラ付きなんて、いかにもフィルムという仕上がり。

絞り優先/F4

タイヤがただ転がっているだけですが、僕にとってはいい被写体。周りからすると変な人。


絞り優先/F8

ラストは「江戸東京たてもの園」のメインストリートですが、これだけ人がいないことは初めてでした。しかも絵になる着物(浴衣?)の女性。
炎天下の撮影もたまにはいいものです。

Lomography EARL GREY100(モノクロフィルム)で撮影


最後はモノクロです。3本セットで販売されていて、1本あたりの価格は650円くらいですね。
特徴は強コントラストで、白飛びと黒潰れをしまくること(笑)。
どうしても数枚は失敗も出てくるけど、インパクトは生まれます。


絞り優先/F2

色がないからこそ表現出来ることがあります。情報が少なくなるほど、それを探そうとします。
だからモノクロは「曖昧さ」を入れて撮影するのがコツです。

ということで、撮影のポイントだとかうんちくをあまり多くを語りたくないのも、モノクロ(笑)。


絞り優先/F1.4

モノクロで撮るようになると、白と黒で表現しなくちゃいけないので、明暗差も気にして撮影するようになりますね。
写真の上達にも良いのではないでしょうか?

絞り優先/F2.8

SLですね。いい被写体です。でも、あえてそれをボカして撮影なんてことをしていたら、SL自体をちゃんと撮ったのが一枚もなかったです。
白と黒だとか、光と影だとか、曖昧さを意識し過ぎるとこうなっちゃうので、抑えもちゃんと撮っておきましょう。

絞り優先/F4

桜の木です。なんてことない一枚かもしれませんが、僕的にはとってもお気に入り。ゾクっとする魅力があります。
僕だけかもしれないけど(笑)。


絞り優先/F1.4

いいですね。モノクロも。
手焼きも出来るし、フィルムカメラで撮る意味も出てきますね。


ということで、今回は番外編としてフィルムの魅力を伝えるコラムにいたしましたが、「デジタル」にも「ミラーレス+オールドレンズ」にもそれぞれ魅力はあります。

その魅力を、撮影する場所や被写体などによって使い分けるのも、一つの表現だと思います。

そしてフィルムカメラを使うのなら、そこからさらにどのカメラで、どのレンズで、どのフィルムを使うかなども選択していければ、撮影がより楽しくなるのは間違いありません。

また、今回使用したフィルムは、全て『無補正のデータ』で仕上げてもらっています。
お店によっては仕上がりの色味を選べたり、自動補正がかけられることもあります。
でも、それだとフィルムの特徴が失われることになるので、まずは『無補正』でその個性を楽しんでみて下さいね。

次の記事はこちら

オールドレンズ撮り比べ ④ PENTAX Super takumar 55mm f1.8(作例あり)

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

著者紹介:雨樹 一期(Ichigo Amaki)

フィルムカメラ・トイカメラの多重露光などで作品撮りの傍ら、大阪・東京を中心に全国でフィルムカメラワークショップを開催。 その他、カメラの個人レッスン、ペット・家族の撮影をしています。 基本、娘と猫と珈琲とカレーに生かされてます。

この著者の他の記事

ブログトップページへ戻る

ABOUT THIS ARTICLEサンライズカメラについて

サンライズカメラはフィルムカメラを専門に扱うオンラインショップです。カメラ・レンズの販売買取だけではなく、カメラ愛好家が集うサイトを目指して情報発信を続けています。公開中の記事は、カメラのプロライターが執筆したものから、フィルムカメラを初めて手にした初心者の体験レポートなど、多種多様にそろえています。デジタルカメラとは違うフィルムカメラの魅力に触れて頂けたら嬉しいです。「こんな記事を書いて欲しい」というご要望もお気軽にお聞かせください。 

TOP > 我らフィルムカメラ主義 > 【番外編】『Contax Aria』+『Planar T* 50mm F1.4』で撮るフィルム別発色の特徴

ショッピングガイド

ご注文とご連絡の受付

WEBサイト上からは24時間いつでもご注文可能です。

お電話でのお問い合わせ、メールのお返事は、平日10:00~18:00に受け付けております。

お支払方法

クレジットカード

クレジットカードブランド一覧
カード決済にはVISA/JCB/MASTER/ダイナース/AMEX/NICOSなど、国内主要カードがご利用いただけます。

代金引換

商品受け取り時に配達員の方へ商品代金をお支払いいただきます。別途手数料を頂戴いたします(一律500円)

銀行振込

振込先はジャパンネット銀行となります。振り込み手数料はご負担ください。

PAYPAL

インターネット決済サービス「PAYPAL」を通して、商品代金をお支払いいただけます。

送料とお届け日数

ヤマト運輸宅急便発送・送料無料

ご入金いただいてから、24時間以内に発送します(日曜、祝日を除く)。ヤマト運輸「宅急便」でのお届けです。

※沖縄県、北海道、離島については航空便利用のため、1,500円の送料を頂戴します。

送料とお届け日数

安心の1ヶ月間動作保証・返品可能

返品については(場合により手数料が発生しますが)、理由を問わず承っております。また、1ヶ月の保証期間内に動作に不具合が出た場合は、購入金額を上限とした修理または返金の対応をいたします。

詳しくはこちら

Facebook

〒633-0072 奈良県桜井市箸中194
古物商許可番号 奈良県公安委員会:第641050000619号

お問い合わせ