フィルムカメラ、中古レンズ販売ならサンライズカメラ

 0744-46-9124

営業時間:10:00~18:00(定休日:日・祝)

特別連載ブログ フィルムカメラのある生活

2018.03.27

遺品のカメラ買取はぜひ専門店に依頼するのがおすすめ。大切なカメラを受け継ぐには

← ブログトップページへ戻る

遺品のカメラ買取

フィルムカメラを遺品として引き継いだ。
そんなときにはどうすればよいのでしょうか。

もし手元に置いておくのが難しく、遺品のカメラを整理したい場合、おすすめなのが中古カメラ専門店に買取を依頼すること。

ポイントは、中古カメラについて熟知しているスタッフが、価値をしっかりと見定めて買取してくれることです。
大切な遺品のカメラだけに、手放す場合でも、次の持ち主にも大事に使ってほしいですよね。
中古カメラ店の買取なら、その点については万全。
しっかりとメンテナンスして、遺品のカメラを次の世代に受け継いでくれますよ。

また、買取価格の面でも、骨董品店やリサイクルショップなど、中古カメラ専門ではない業者に比べ、高額買取が可能です。

さらにいまでは、宅急便で送るだけで買取査定を行ってくれる中古カメラ専門店が存在するので、手間いらずでとてもスムースに買い取りしてもらえますよ。

大切なカメラの価値をしっかりと見極める。

今回は遺品のカメラの買取について解説します。

遺品のカメラ買取なら

サンライズカメラ

サンライズカメラ

カメラの買取なら、中古フィルムカメラ専門店、サンライズカメラにぜひご依頼ください!
「壊れていても」「古いフィルムカメラでも」OKなうえに、業界最高値での買取を保証!

価値あるフィルムカメラをしっかりと査定させていただきます。

壊れたカメラの買取

不要なカメラやレンズを買取してもらうときに気になることのひとつ。
それが、壊れたものも買取してもらえるのかということ。

とくに古いフィルムカメラの場合、シャッターや巻き上げの機械部品が正常に動作しなかったり、電池が液漏れしていたり、レンズにカビが生えていたりなど、トラブルはつきものです。

結論からいえば、壊れたカメラ・レンズであっても買取してもらうことは可能です。

ただしそのときに気をつけたいのがお店選び。

中古カメラの専門店、そのなかでも「壊れたカメラ・レンズを高値買取してくれることを謳っているお店」に買取してもらうのがおすすめ。

リサイクルショップなどのチェーン店や、壊れたカメラの買取に力を入れていない中古カメラ店の場合には、買取してもらえても、数百円単位の値段しかつかないことが多いです。

壊れたカメラ・レンズは、高額買取してくれるお店に賢く売りましょう!

壊れたカメラ・レンズの買取なら

サンライズカメラ

中古フィルムカメラ専門店のサンライズカメラは、壊れたカメラ・レンズでも喜んで買取いたします!
その秘密は専門修理業者と連携し、修理・オーバーホールが可能なため。

ご不要になったカメラ、レンズに新たな生命を吹き込ませていただきます!

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

壊れたカメラ・レンズの買取

壊れたカメラやレンズを高額買取してもらうためには、いったいどんなことに気をつけたらよいのでしょうか?

壊れたカメラ・レンズも買取可能

壊れたカメラ・レンズも買取可能

壊れていて動かない・使えないと、買取してもらえないのか不安に思う方もいるかもしれません。

でも大丈夫。

カメラやレンズは、壊れていても買い取りしてもらうことが可能です。

カメラもレンズも、元々とても価値があるもの。
そのため、中古カメラを取り扱うお店でも、修理して販売することを前提に、高値で買取を行ってくれるのです。

とくに、古いフィルムカメラや、フィルムカメラ用のレンズには、写真愛好家/中古カメラ愛好家の間で高い価値が認められているものが数多く存在しています。

押し入れから出てきた古ぼけたカメラや、昔家族が使っていたカメラ。
遺品として受け継いだカメラ。

もしかすると、そのようなものを中古カメラ専門店に査定してもらうことで、思いもよらない高額買取が実現できるかもしれないのです。

壊れたカメラ・レンズの買取は専門店を選ぶのがコツ

さて、それでは壊れたカメラやレンズを買取してもらう場合、いったいどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。

結論からいうと、大切なのはお店選びです。

壊れたカメラやレンズは、その価値を理解している人にとってはまさにお宝。
ですが、中古カメラやレンズについて知識がない人にとってはゴミ同然に見えてしまうのです。

知識のある中古カメラ専門店に買取を依頼しよう

知識のある中古カメラ専門店に買取を依頼しよう

壊れたカメラやレンズを高額買取してもらうなら、おすすめなのは中古カメラの専門店に査定してもらうことです。

理由はなんといっても、カメラやレンズの価値について価値について深い知識を持っているということ。

カメラやレンズは数え切れないほどの種類があるため、買取の査定を厳密に行うには、細かい機種や性能の違いを見抜く知識が必須。

また、単に壊れているといっても、故障の度合いや箇所によって、買取価格は大きく異なってきます
修理するのに1万円かかる状態のカメラと、修理に3万円かかることが予想されるカメラでは、当然お店の買取価格も変わってくるのです。
そのような面でも、中古カメラ店なら、知識が豊富なスタッフが適切な査定を行ってくれるといえるでしょう。

「壊れたカメラ・レンズの買取に力を入れているお店」がベスト

「壊れたカメラ・レンズの買取に力を入れているお店」がベスト

ただし、注意したいことがあります。

それが、中古カメラの専門店ならどこでもよいわけではない、ということ。

中古カメラやレンズを扱うお店、という点では同様でも、店舗によって、壊れたカメラやレンズの買取に力を入れている場合と、そうではない場合があるのです。

これは単純に経営方針の違い。
状態のよいものを中心に買い取って販売するか、状態が悪いものでも買取して、修理・オーバーホールをして次の持ち主へ送り出すか、という差です。

とくに、中古のフィルムカメラの買取・販売に力を入れているお店の場合、専門の修理業者とのパイプがあることが多く、壊れたカメラ・レンズの買取も充実していることが多いといえるでしょう。

古いカメラ、レンズは、技術的にもコスト面でも現在では再現が難しい、工芸品のようなものが数多く存在します。
そう、カメラやレンズは文化財。

壊れたカメラやレンズは、ぜひ、修理前提で買取してくれるお店に査定を依頼してみましょう。

リサイクルショップや廃品回収はおすすめできない

いっぽう、カメラやレンズについて専門知識のない、リサイクルショップや廃品回収などの業者に買取を依頼するのはおすすめできません。

このような業者は、状態が良い、完動品のカメラやレンズでもとても安い値段でしか買取してくれません。

同様に、壊れたカメラ・レンズも、使い物にならないジャンク品として、数百円単位、ひどい場合では十円単位の値段しか付けてくれないことが普通です。

これは、リサイクルショップや廃品回収の業者が悪どく買い叩いている、ということではありません。
単純に、カメラやレンズのついての専門家ではないため、高値で買い取りできるものと、値段があまりつかないものを見分けることができず、損失を出さないために安値でしか買取することができないのです。

同様のことは、骨董品店やハードオフなどにもいえます。

古物や中古品の専門家であっても、カメラやレンズの場合には、チェックする項目が多いため、きめ細かい対応が難しいのが普通。

適正な価格で高額買取してもらうなら、やはり中古カメラ・レンズの専門店に査定を依頼するのがベターだといえるでしょう。

宅配買取で気軽に査定

宅配買取

中古カメラ専門店の中でも、ぜひ活用したいのが宅配買取

宅配品でカメラ・レンズを送るだけで、あとはお店の人にすべてお任せで査定してもらえるサービスです。

とくに、ネット専門のお店の宅配買取は、実店舗に比べ固定費がかからないため、買取価格が高め。

賢く高値で買取してもらうなら、ぜひ宅配買取を活用しましょう!

壊れたカメラ・レンズを高値で買い取りしてもらえる条件

壊れたカメラやレンズは買取してもらうことが可能。

それでは、少しでも高値で買取してもらえるのは、どんなものなのでしょうか?

高額買取の条件について解説します。

1.カメラ自体の価値が高い

まず、元々価値が高いカメラやレンズは、壊れていても高額買取してもらえることが多いです。

例えば、ドイツ製のカメラ

「ライカ」や「ローライ」といったカメラは、壊れているものでもとても高額での査定が見込めます。

M型ライカ各機種名鑑!世界最高の中古フィルムカメラ徹底解説

二眼レフのスタンダード・ローライフレックスを中古で手に入れてみませんか?

小型軽量でも描写は本物!ローライコードで二眼レフを始めよう

舶来品のカメラでは、「ハッセルブラッド」もとても高額で買い取りしてもらえます。

Hasselblad 500C/MとPlanar 80mmは黄金の組み合わせ

日本製のカメラでは、ニコンやキヤノンをはじめとしたメーカーの、中古フィルムカメラ愛好家に人気の高い機種は、壊れたカメラでも高値での査定が期待できるでしょう。

ニコンのフィルムカメラ代表機種まとめ 中古で手に入れて使ってみたいおすすめ機種とは?

フィルムカメラの場合、1980年代後半以降の「オートフォーカス」のものよりも、それ以前の「マニュアルフォーカス」のもののほうが、基本的には買取価格が高くなることが多いです。

人気があり買取価格が高いカメラは非常に多くの数があるため、もし売りたいカメラの価値が知りたい場合には、お店にまずは査定を申し込んでみるのがおすすめです。

2.古いレンズは買取価格「高」

古いレンズは買取価格「高」

古いカメラの交換用レンズ。

実はいま、古いカメラ用レンズが「オールドレンズ」として人気沸騰しており、状態が悪いものでも高額買取が期待できます。

古いレンズを使うことが流行しているのは、例えるなら、CDやダウンロード音源ではなく、アナログレコードで音楽を聞くのと同じようなもの。

古いレンズの中でも、「単焦点レンズ」と呼ばれる、ズームレンズではないレンズが、とくに高値が付きやすいです。

また、主に1950年代以前に主流だった、「レンジファインダーカメラ」(ライカなどのカメラ)専用のレンズは、同じメーカーのものでも一眼レフカメラ用のものより高値で買取してもらえます。

こちらも、レンズにはとても多くの種類があるため、不明な場合には中古カメラ専門店に査定を依頼して、どれくらいの価値があるのか専門家に見極めてもらうのがよいでしょう。

3.外観がきれい

ライカM3

カメラ自体の動作に問題があっても、外観の状態がきれいなら、壊れたカメラであっても高額買取が期待できます。

これは、内部の機構は修理業者が直すことができても、外観の状態は修復が難しいため
古いフィルムカメラは、使用に伴うキズがついていることが普通であるため、外観がきれいな個体は愛好家の間でも珍重されます。

レンズについても同様。
外装がきれいなら、修理して外観も光学系もきれいな状態にすることが可能です。

ただし、外観がとても汚い場合でも、古いライカをはじめ、元が価値あるカメラの場合には高額買取してもらえる可能性もあるため、あきらめずに査定を依頼してみましょう。

こんな場合には減額されることが多い

いっぽう、壊れたカメラでも減額されやすいのは以下のような場合です。

1.外観のキズがあまりにも多い

New FM2 T

外観に多少キズがついていても、価値あるカメラなら高額買取が可能。

ただし、度を越えて汚い場合には、大幅に減額されてしまう可能性もあります。

例えば、塗装やメッキの剥がれ具合が著しかったり、レンズのフィルター枠が大きく歪んでいる場合などが該当します。

ただし、塗装やメッキの剥がれについては、ライカをはじめとするビンテージ品では「年輪を重ねた味」とする向きもあるので、場合によります。

2.部品が欠品

壊れたカメラのなかでも、部品が欠品していると買取価格が減額されてしまうことがあります。

例えば、巻き上げレバーやセルフタイマーレバーが欠品している、といった場合が該当します。

3.素人分解品

古いカメラやレンズを自分で分解・修理する趣味。

とても楽しいものですが、素人が分解してしまったカメラは、その時点で完全にジャンク品です。
仮に素人修理で完動品になったとしても、壊れたカメラと同じ扱いになってしまうので注意しましょう。

素人修理はプロから見るとあり得ないような手法を使うこともあるので、専門の修理業者は、素人分解品の修理を請け負うことを極度に嫌がることも多いです。

なお上記は、過去に「専門の修理業者」が分解した場合については当てはまりません。

壊れたカメラ・レンズの買取はサンライズカメラにご依頼ください!

サンライズカメラ

さて、この記事で解説したような、壊れたカメラ・レンズの買取なら、ぜひ当店、中古フィルムカメラ専門店のサンライズカメラへご依頼ください!

当店は壊れたカメラ・レンズの買取に力を入れているため、きっと査定にご満足いただけること請け合いです。

修理業者と連携し壊れたカメラ・レンズを買取

当店サンライズカメラが壊れたカメラ・レンズの買取に力を入れているのは、専門の修理業者とのパイプがあるのが大きな理由。

価値あるカメラ・レンズを再生し、新たな持ち主へ文化財として受け継いでいくお手伝いをいたします。

業界最高値での買取を保証

当店サンライズカメラは、業界最高値での買取を保証しています。

これは壊れたカメラ・レンズであっても同様。

壊れたカメラやレンズの買取に力を入れているお店の中でも、もっとも高い価格を提示させていただきます。

壊れたカメラ・レンズを最高値で買取。

買取で迷ったら、ぜひ当店サンライズカメラに宅配査定をご依頼ください!

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

壊れたカメラ・レンズを賢く買取してもらう

不要なカメラ、レンズを売るなら中古カメラ専門店がおすすめ。

一見すると使いものにならないような古いフィルムカメラやレンズであっても、専門家に査定してもらうことで、驚きの高額買取してもらえるかも……?

壊れたカメラ、レンズの処分をお考えの際は、ぜひ当店サンライズカメラの買取もご利用ください!

遺品のカメラ買取のポイント

遺品整理で受け継いだカメラ。

もし手放す場合にはどうすればよいのでしょうか?

遺品のカメラを手放す場合

遺品のカメラ買取

もし遺品としてカメラを受け継いだら、どうすればよいのでしょうか。

もちろん、形見として手元に置いておくのがベスト。

でも、

・古くて使えない
・状態が悪い
・カメラをコレクションしていて量が多い

などの理由で、手放すことを考えることもあると思います。

遺品のカメラを手放す場合、当然買取を依頼することになるのですが、実はそんなとき、押さえておきたいことがあります。

それは、買取を依頼するお店の選び方。

それにより、大切な遺品を大事に扱ってもらえるかどうか、ということと、買取価格がどれくらいになるかということ。
この2つの点が大きく変わってきます。

遺品のカメラ買取におすすめの方法とは

それでは、遺品のカメラを買取してもらうなら、どんな方法が良いのでしょうか?

遺品のカメラ買取は中古カメラ専門店がおすすめ

遺品のカメラ

結論からいうと、遺品のカメラを買取してもらうなら、中古カメラの専門店に依頼するのがおすすめです。
なかでも、同じカメラを扱うお店であっても、街の写真屋さんよりも、中古カメラ・中古レンズを愛好家や写真家/カメラマン向けに販売しているお店に頼むのがよいでしょう。

遺品として受け継いだカメラやレンズは、年代も、メーカーも、状態も千差万別。

なかには非常に高い価値を持つものもあるため、適切な買取査定を行うには、カメラ・レンズについての非常に深い知識が必要です。

そこで、「カメラやレンズの専門家」である中古カメラ専門店に買取を依頼することで、適切な買取査定・高額買取をしてもらうことが可能となるのです。

カメラに関しては「一括の遺品整理」はNG!

さて、遺品を整理する場合、骨董屋さんや廃品回収業者に依頼することもあると思います。

遺品がとても多く、身内だけでは片付けにくい場合、業者に頼むのはとても便利なもの。

ですが、一括で遺品整理を依頼する場合でも、あらかじめカメラだけは除いておいたほうが無難です。

その理由は、骨董屋さんや廃品回収業者はカメラ・レンズの専門家ではないため。

中古カメラ専門店に比べ、カメラ・レンズについての知識が少ないため、どうしても買取価格は安くなりがちです。

また、せっかくカメラ・レンズを買取してもらっても、骨董品店は適切な保管・メンテナンス環境が整っていないため、お店においておくうちに状態が悪くなってしまいがちです。

買取価格の面でも、大切な遺品のカメラ・レンズを次の持ち主に大事に使ってもらう面でも、正直なところ骨董品店や廃品回収業者に買取を頼むのは不向きだといえるでしょう。

ただし、これはもちろんカメラ・レンズについてのこと。
書画骨董、美術品、陶磁器などについては骨董品店に依頼するのが当然おすすめです。

カメラやレンズは中古カメラ店に。

骨董品は骨董店に。

遺品整理をするときは、少し面倒でも専門の業者に依頼するのがコツだといえるでしょう。

骨董

リサイクルショップもおすすめできない

また、カメラ・レンズを買取してもらうときに、リサイクルショップに持っていくのもやめておきましょう

リサイクルショップのスタッフもまたカメラやレンズについての知識があまりないので、買取価格はとても安くなってしまいます。

とくに古いフィルムカメラの場合、値段がほとんどつかない場合が多いです。

フィルムカメラには価値があるものも多いので、こちらも、適切な値段で査定してくれる中古カメラ専門業者に頼むのが得策です。

いっぽうリサイクルショップについても、遺品整理で白物家電やテレビなどを処分する場合にはおすすめ。

こちらも、得意分野だけを依頼して、カメラは中古カメラ店に買取してもらうと良いでしょう。

ネット専門の中古カメラ店で宅配買取

宅配買取

さて、そんな中古カメラ店に買取をしてもらう場合、ぜひ活用したいサービスがあります。

それが、宅配便での買取です。

遺品整理は手間も時間もとてもかかるもの。

また、中古カメラを買取してもらえる専門店が近くにないこともあると思います。

さらに、買取してもらいたいカメラが少ないときにわざわざ持っていくのは手間ですし、逆に、量が多い場合に持っていくのも難しいですよね。

その点、ネット専門の中古カメラ店で宅配買取なら、必要なのは梱包して送るだけ。

ネット買取でも、もちろんカメラ・レンズについて熟知したスタッフが査定を行ってくれるので、カメラ・レンズの価値に応じた

忙しい遺品整理では、カメラの買取はぜひ中古カメラ専門店に依頼するのがおすすめです。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

遺品のカメラ買取Q&A

遺品のカメラを買取してもらうときの不明な点について解説します。

Q.フィルムカメラでも買取してもらえる?

A.買い取りしてもらえます!

中古カメラ専門店に依頼すれば、昔のフィルムカメラや、フィルムカメラ用のレンズでも買取をしてもらうことができますよ。

昔の銀色の金属製一眼レフや、コンパクトカメラ。

じつは、デジタルカメラが一般的になった現在でも、フィルムカメラは愛好家の間で高値で取引されている機種がたくさんあります。

さらに、CDが登場したあとにアナログレコードの良さが見直されたように、いま、若い世代の間でもフィルムカメラの人気が再燃しているのです。

もし遺品整理で不要なフィルムカメラが出てきたときには、ぜひ中古カメラの専門店に依頼してみましょう。

高値での買取をしてもらえるかもしれませんよ!

なお、デジタルカメラ・デジタルカメラ用レンズももちろん、専門店のほうが高価で買取してもらうことが可能です。

Q.壊れていても買取してもらえる?

A.壊れていても買取可能です

古いフィルムカメラが遺品で出てきたときによくあるのが、壊れて動かないということ。

シャッターが切れない。
レンズにカビが生えている。
本体がサビている。

そんなふうに壊れてしまっている・状態が悪いカメラでも、中古カメラ専門店なら買取してもらうことが可能です。

ただしそのときに注意したいのが、「壊れていても買取可能」と書いてあるお店に依頼すること。

壊れているカメラ・レンズの扱いはお店によって異なります。
壊れているカメラ・レンズを直して販売するお店と、壊れているカメラ・レンズの買取を断るお店があるため、万全を期すなら、ネット買取を行っているお店の中でも、専門の修理業者と契約して、しっかりと修理して販売してくれるお店を選ぶのがおすすめです。

高額買取が期待できるカメラの一例

遺品としてカメラ・レンズが出てきたときに、そのカメラ・レンズが価値あるものなのか、見分けるのが難しいことが多いと思います。

そこで、ここではとくに高額買取が期待できるものを紹介します。

※これはあくまでも一例。他にも高額買取が期待できるカメラはたくさんあるので、まずは査定を依頼してみましょう!

1.ニコンの一眼レフ

Nikon F3 アイレベル

いまでもデジタル一眼レフカメラで有名なニコン

フィルムカメラの時代にも日本製高級カメラとして広く使われたため、遺品として受け継ぐ可能性が多いメーカーです。

ニコンのなかでも、F・F2・F3といった上級機(F一桁シリーズ)は特に価値が期待できます。
そのほか、FMシリーズ・FEシリーズなども愛好家の間での人気が高いです。

さらに、ニコンのレンズ(ニッコール)は、古いものでも価値が認められているので高額買取を期待できますよ。

ニコンのフィルムカメラ代表機種まとめ 中古で手に入れて使ってみたいおすすめ機種とは?

2.ライカ

ライカM3

もし遺品として「ライカ」を受け継いだら、大切に扱いましょう。

ライカはドイツ製の超高級カメラ。
歴史的価値がとても高い機種です。

直して自分で使うのはもちろんですが、非常に価値あるカメラなので、ライカの買取は必ず中古カメラ専門店に依頼するのが鉄則です。

カメラ・レンズともに非常に高額買取が期待できます。

M型ライカ各機種名鑑!世界最高の中古フィルムカメラ徹底解説

3.レンジファインダーカメラ(レンズ交換式)

Canon III

上記のライカのような形をしているカメラ「レンジファインダーカメラ」は、どの機種も中古の価値が高く、高額買取が期待できます。

同様の形のカメラはニコン、キヤノン、ミノルタなど多くの有名メーカーが作っており、どれも、同じメーカーの一眼レフカメラより高値です。

1950年代以前には主流だったタイプのカメラなので、遺品として受け継ぐことがよくあるカメラだと思います。

おすすめ中古レンジファインダーカメラ12選 特徴・メリット徹底解説

4.二眼レフカメラ

ローライフレックス

レンズが縦に並んだレトロなカメラ。

二眼レフカメラも中古で人気が高いカメラです。

なかでも、ドイツ製の「ローライフレックス」「ローライコード」や、日本製の「ミノルタオートコード」はとくに中古で高額買取が期待できます。

二眼レフカメラは、似通った見た目で非常に多くの種類があるので、まずは中古カメラ専門店に査定を依頼して、どれくらいの価値があるのか見てもらうとよいでしょう。

二眼レフカメラ入門 おすすめの中古二眼レフ 名機7選!

5.中判一眼レフカメラ

ハッセルブラッド

中判一眼レフカメラとは、少し大きめのサイズのフィルムを使う一眼レフカメラ。

具体的には、「ハッセルブラッド」「ゼンザブロニカ」「マミヤ」「ペンタックス」などのメーカーが有名です。

どれもカメラ愛好家の人気が高いので、ぜひ買取査定してもらうのがおすすめです。

中判カメラ入門 初めての中判におすすめの中古フィルムカメラ10選

遺品のカメラ買取ならサンライズカメラ

サンライズカメラ

もし遺品のカメラの買取で迷っていたら、ぜひ当店サンライズカメラに買取査定を依頼してみませんか?

当店サンライズカメラには、遺品のカメラ買取に最適なポイントが3つ!

1.フィルムカメラ専門店

当店サンライズカメラは「中古フィルムカメラ専門店」。

そのため、古いフィルムカメラについて熟知したスタッフが、適切な価値を見極めて、高額査定することが可能です。

2.業界最高値での買取を保証

当店サンライズカメラでは、「業界最高値」での買取を保証しております!

高額での買取なら、ぜひ当店にご依頼ください!

3.壊れていても・動かなくても買取可能

当店サンライズカメラでは、カメラが故障していても、動かなくても買取させていただきます。

カメラ修理業者と契約し修理を依頼しているため、大切なご遺品のカメラ・レンズをしっかり修理し、新しい生を吹き込ませていただきます。

もしご遺品のカメラ・レンズを整理される際は、ぜひ当店へご依頼ください!

カメラ・レンズの遺品整理は専門店へ

このように、遺品のカメラ・レンズを整理する際には、中古カメラ専門店に依頼するのが最適です。

その際には、ぜひ当店、サンライズカメラの買取査定もご検討ください!

著者紹介:サンライズカメラ

サンライズカメラは、いまでは数少くなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。

この著者の他の記事

ブログトップページへ戻る

ABOUT THIS ARTICLEサンライズカメラについて

サンライズカメラはフィルムカメラを専門に扱うオンラインショップです。カメラ・レンズの販売買取だけではなく、カメラ愛好家が集うサイトを目指して情報発信を続けています。公開中の記事は、カメラのプロライターが執筆したものから、フィルムカメラを初めて手にした初心者の体験レポートなど、多種多様にそろえています。デジタルカメラとは違うフィルムカメラの魅力に触れて頂けたら嬉しいです。「こんな記事を書いて欲しい」というご要望もお気軽にお聞かせください。 

TOP > カメラ買取情報 > 遺品のカメラ買取はぜひ専門店に依頼するのがおすすめ。大切なカメラを受け継ぐには

ショッピングガイド

ご注文とご連絡の受付

WEBサイト上からは24時間いつでもご注文可能です。

お電話でのお問い合わせ、メールのお返事は、平日10:00~18:00に受け付けております。

お支払方法

クレジットカード

クレジットカードブランド一覧
カード決済にはVISA/JCB/MASTER/ダイナース/AMEX/NICOSなど、国内主要カードがご利用いただけます。

代金引換

商品受け取り時に配達員の方へ商品代金をお支払いいただきます。別途手数料を頂戴いたします(一律500円)

銀行振込

振込先はジャパンネット銀行となります。振り込み手数料はご負担ください。

PAYPAL

インターネット決済サービス「PAYPAL」を通して、商品代金をお支払いいただけます。

送料とお届け日数

ヤマト運輸宅急便発送・送料無料

ご入金いただいてから、24時間以内に発送します(日曜、祝日を除く)。ヤマト運輸「宅急便」でのお届けです。

※沖縄県、北海道、離島については航空便利用のため、1,500円の送料を頂戴します。

送料とお届け日数

安心の1ヶ月間動作保証・返品可能

返品については(場合により手数料が発生しますが)、理由を問わず承っております。また、1ヶ月の保証期間内に動作に不具合が出た場合は、購入金額を上限とした修理または返金の対応をいたします。

詳しくはこちら

Facebook

〒633-0072 奈良県桜井市箸中194
古物商許可番号 奈良県公安委員会:第641050000619号

お問い合わせ