特別連載ブログ フィルムカメラのある生活

2017.12.20

ミノルタのフィルムカメラ代表機種まとめ 一眼レフ・レンジファインダーから二眼レフまで

← ブログトップページへ戻る

ミノルタのフィルムカメラ

かつて、日本を代表するカメラメーカーだったミノルタ(MINOLTA)。
フィルムカメラの時代には、世界をリードする名機たちいくつも送り出してきました。

戦前から続く伝統あるメーカーとして、物としての魅力も、質感も抜群。
深みのある描写力を誇るロッコールレンズも、ミノルタ製カメラの魅力のひとつでした。

そんなミノルタは、2003年にコニカと合併してコニカミノルタに。
そして2005年には、コニカミノルタはカメラ事業そのものから撤退してしまうのです。

いまはなき名メーカー、ミノルタ。
ですがいまでも、フィルムカメラの名機たちを中古で手に入れて味わうことができますよ。

今回は中古フィルムカメラ専門店、サンライズカメラのスタッフが、ミノルタの名機たちについて紹介します。

関連記事

ミノルタおすすめ中古レンズ13選!緑のロッコールレンズを使ってみませんか?

ミノルタのフィルムカメラ代表機種 一眼レフ編

まず最初に、ミノルタ(MINOLTA)の代表的な一眼レフカメラを紹介します。

ミノルタの一眼レフは、マニュアルフォーカスのSRマウントと、オートフォーカスのαマウント(Aマウント)の機種に大別できます。
いったい、どんな名機たちが送り出されてきたのでしょうか?

1:ミノルタ SRT-101(1966年)

No Image

まず最初に紹介するのが、初期のミノルタの一眼レフ、SRシリーズ。

SRシリーズは1958年のSR-2にはじまり、1962年にはSR-7で、世界で初めて外部測光の露出計をボディに内蔵。

そして、このミノルタSRT-101(minolta SRT-101)でTTL開放測光を実現し、ひとまずの完成をみました。

このSRT-101の特徴。
それが、単に開放測光であるだけでなく、初期の分割測光を採用しているということです。

SRT-101の分割測光は「CLC」と呼ばれ、カメラを横に構えたときに、上と下を別々に測光します。
それにより、空が画面に大きく入ったときでも、露出が空の明るさに引っ張られることを防止したのです。

プリミティブな方式ではありますが、単なる開放測光だけでも先進的だった当時としては、非常に意欲的な機構だといえます。

SRT-101のマイナーチェンジ機種として、SR101(1975年)が存在します。

2:ミノルタ SR-T Super(1973年)

No Image

ミノルタ SRT Super(minolta SRT Super)は、SRT-101の上位機種。
光学的な絞り値直読窓が追加されました。

マイナーチェンジ機種としてSR505(1975年)があります。

3:ミノルタX-1(1973年)

ミノルタX-1

ミノルタ初のプロ用フラッグシップ機として開発、送り出されたのがミノルタ X-1(minolta X-1)。

ライバルはニコンF2とキヤノンF-1。
しかしながら、両者とは異なり、当時のフラッグシップ機としては異例の電子式シャッターを採用しています。
さらに、プロ用カメラへのAE搭載が懐疑的に見られていた当時、それに対抗するかのように絞り優先AEを搭載。

このような意欲的カメラのため、ニコンとキヤノンの牙城を崩すには至りませんでしたが、ミノルタ製一眼レフのなかでもトップクラスの仕上げと質感を楽しめるカメラです。

なおモータードライブは着脱式ではなく、X-1 motorという別機種になります。

4:ミノルタXE(1974年)

No Image

X-1に続き開発された中級一眼レフがミノルタXE(minolta XE)。

こちらも絞り優先AEを搭載した電子シャッター機で、ミノルタと提携していたライカの、ライカR3のベースともなりました。

実はこのXEは非常につくりがよく、ミノルタ製一眼レフのなかでももっとも巻き上げの感触がよいと評判です。

5:ミノルタXD(1977年)

ミノルタXD

ミノルタXD(minolta XD)は、世界初の両優先フィルムカメラ。

1970年代、今の目から見れば信じられないことですが、「絞り優先AEとシャッター優先AEのどちらが優れているか」という論争がありました。
各カメラメーカーは絞り優先AE派とシャッター優先派に別れ、ユーザーもそれぞれ優位と思う方を使っていたのです。

そんな論争に終止符を打ったのが、このミノルタXD。
絞り優先AEとシャッター優先AEの双方を、フィルムカメラではじめて搭載。
同年には、絞り優先とシャッター優先の両優先に加えプログラムAEを搭載したキヤノンA-1も登場し、フィルムカメラの世界は一挙にAE時代へ突入することとなります。

単なる機能面だけでなく、このXDは使用感も良好。
XEに比類する巻き上げの感触は絶品。
ファインダーにはミノルタ自慢の「アキュートマット」が採用され、明るくピント合わせのし易い、快適なファインダー像を味わうことができますよ。

6:ミノルタX-700

ミノルタX-700

1980年代前半のミノルタを代表するとともに、実質的にミノルタMF一眼レフの最後の新開発機種。
それがミノルタX-700(MINOLTA X-700)です。

ミノルタのMFフィルム一眼レフカメラとして、唯一プログラムAEを搭載。
絞り優先・シャッター優先・プログラムAEのフルモード機として孤高の存在となりました。

見た目のデザインは1980年代らしさを感じる独特のものですが、使用感は非常に良好。
XD同様、アキュートマットのファインダーはとても使いやすいものです。

1999年まで販売されたロングセラーともなりました。

X-700については以下の記事でも紹介しています。

MINOLTA X-700ミノルタMF一眼レフの完成形

7:ミノルタα-7000

No Image

ミノルタα-7000(MINOLTA α-7000)は、フィルムカメラの世界を一気に塗り替えた歴史的機種。

そう、世界初の「実用的なオートフォーカス一眼レフカメラ」です。

ミノルタは、一眼レフカメラのオートフォーカス化にあたり英断を行います。
それが、マウントの変更。
それまでのSRマウントと一切互換性のない、αマウント(Aマウント)への移行に踏み切ったのです。

αマウントは各社のマウントで実質的にはじめての完全電子マウント。
移行にあたりレンズをはじめとしたシステムを一挙にリリースしたことで、「オートフォーカスの一眼レフシステム」として大ヒットにつながりました。

また、なによりも、それまでのオートフォーカス一眼レフカメラに比べ、AF速度や精度などの実用性が桁違いだったことが、最大のヒット理由でしょう。

8:ミノルタα-9000

No Image

ミノルタα-9000(MINOLTA α-9000)は、α-7000に次いで送り出された上位機種。
ですが、現在の目で見ると独特のカメラです。

それが、オートフォーカス機にもかかわらず、手動巻き上げだということ。
AFのフィルムカメラというと自動巻き上げ・巻き戻しが一般的。
にもかかわらず、このα-9000は、自動巻き上げ・巻き戻しにはワインダーを必要としたのです。

過渡期のカメラとして非常に趣味性が高い機種だといえるでしょう。

9:ミノルタα-9(1998年)

ミノルタα-9

オートフォーカス一眼レフで一世を風靡したαシリーズ。

ですがその後、ミノルタ製一眼レフは迷走・苦境に入ります。

機能面では、面白いが実用性があまりない新機構に走る(画角をカメラが勝手に決めるオートズームなどは語り草です)など迷走。
また、オートフォーカス技術の特許侵害で訴えられる「ハネウェル訴訟」では、多額の賠償金を支払うことにもなってしまいました。

そんなミノルタαシリーズも徐々に復活し、いまでも名機と名高い一眼レフを送り出すに至りました。

それがα-9。

まさにミノルタαシリーズの最高峰かつ、最後のフラッグシップです。

シャッター速度は世界最高速、なんと1/12000秒。
外装もマグネシウム合金がおごられ、質感も抜群です。

操作性の面でも完成度が非常に高く、これからもしミノルタ製AF一眼レフを中古で手に入れるとしたら、ぜひおすすめしたい機種だといえるでしょう。

10:ミノルタα-7(2000年)

ミノルタα-7

実質的にミノルタ最後のフィルム一眼レフカメラといえる機種。

それがミノルタα-7(MINOLTA α-7)です。

基本的にはα-9に次ぐ中級機として開発されましたが、後発のため操作の容易さなど勝っている点も多いです。

α-9と並び、ミノルタのAF一眼レフを使うならぜひ選びたい機種です。

ミノルタのフィルムカメラ代表機種 レンジファインダー編

次に、ミノルタのレンジファインダーカメラを紹介します。

戦後、レンジファインダーにはじまったミノルタ。
ライカとの提携も行い、魅力的なフィルムカメラを生み出しています。

11:ミノルタ35(1947年〜)

No Image

1940年代、50年代を通じミノルタが制作したレンジファインダーカメラ。
それがミノルタ35(minolta 35)です。

マウントはライカLマウント。
基本的にはバルナックライカコピーの系譜に連なるカメラですが、それらのカメラの中では独自性がとても強いことで知られています。

ファインダーは一眼式。
デザインも他のバルナックコピーと大きく異なり、裏蓋も最初から蝶番式になっています。

Lマウントのロッコールレンズと合わせて、クラシックな国産レンジファインダーを使うならぜひ選びたい機種だといえるでしょう。

12:ライツミノルタCL(1973年)

ライツミノルタCL

1970年代、ライカと提携したミノルタ。

その成果として共同で開発し送り出されたのが、ライツミノルタCL(Leitz minolta CL)です。

ライツミノルタCLは、ライカMマウントを採用した正真正銘の「ライカ」。
日本国外では、そのまま「ライツCL」(Leitz CL)として販売されました。

縦走り布幕のシャッターや、前面に設けられたシャッターダイヤル、ライカM5を連想させるアーム式のTTL露出計など、独特の機構が満載です。
本家M型ライカよりも小型なのも魅力。

ミノルタのカメラというよりもライカのカメラという色が濃い機種ですが、名機中の名機であることに疑いはないでしょう。

13:ミノルタCLE(1981年)

ミノルタCLE

ミノルタCLE(MINOLTA CLE)は、ライカになれなかったカメラ。

本来、ライツミノルタCLと同じくライカとの共同開発に始まったのですが、諸事情からミノルタ単独での発売となりました。
そのためこちらもライカMマウントを採用。

絞り優先AEが使えるライカマウントのレンジファインダーとして、長らく貴重な存在でした。
ライカというブランドがないことさえ気にしなければ、ライツミノルタCLより実用的でおすすめなフィルムカメラだといえるでしょう。

詳しくはこちら

MINOLTA CLE ライカレンズが使える端正なレンジファインダー

ミノルタのフィルムカメラ代表機種 コンパクトカメラ編

次にコンパクトカメラを紹介します。
ミノルタのコンパクトカメラといえば、一世を風靡したハイマチックシリーズが有名。
また超高性能レンズを搭載した高級コンパクトもぜひ使ってみたいフィルムカメラです。

14:ミノルタハイマチックE(1971年)

No Image

一世を風靡したミノルタハイマチックシリーズのなかでも人気が高いのが、このハイマチックE(minolta Hi-Matic E)。

コニカC35にはじまるコンパクトカメラブームの影響下で、小さなボディに味のあるロッコールレンズを搭載した機種です。

40mm F1.7の高性能レンズを搭載し、当時のコンパクトカメラのなかでもトップクラスの描写力を誇ります。
当時のフィルムカメラならではの、手の中でずっしり重い作りの良さも魅力です。

15:ミノルタハイマチックF(1972年)

No Image

ハイマチックEの廉価版。
レンズが38mm F2.7になりましたが、ロッコールレンズの味は上位機種譲り。
仕上げもとても上質です。

16:ミノルタTC-1(1996年)

ミノルタTC-1

ミノルタTC-1(MINOLTA TC-1)は、ミノルタが唯一発売した高級コンパクトカメラ。

超小型のチタンボディに、一眼レフ以上の性能を誇るレンズ、G-ROKKOR 28mm F3.5を搭載。
「完全円形」の絞りで、他のカメラに比類するもののない描写力を実現しました。

このレンズは非常に評価が高く、ライカLマウントのカメラにコンバートされ発売されています。

手のひらに乗る宝石。
ミノルタのカメラの中でも、名機中の名機です。

ミノルタのフィルムカメラ代表機種 二眼レフ編

実はミノルタは戦前から二眼レフカメラを作ってきたメーカー。
なかでも最終機種オートコードは、国産二眼レフカメラ最上位機種にして完成形と名高いカメラです。

17:ミノルタ オートコード(1955年〜)

ミノルタオートコードIII
ミノルタの最高級二眼レフカメラ。
それがミノルタ オートコード(minolta autocord)です。

二眼レフ用の中判ロッコールは、国産の他の中判カメラの水準をゆうにしのぐ解像力と描写力。
そして機構的にも、クランク巻き上げ・セルフコッキングとローライフレックスを連想させる完全なスペックを備えています。

1950〜60年代の日本の写真作家にも愛用された完成度の高さ。
もしこれから二眼レフを始めるとしたら、国産カメラの中ではこのミノルタ オートコードシリーズが最適だといえるでしょう。

関連記事はこちら

最小・至高の高級コンパクト minolta TC-1

ミノルタのフィルムカメラで上質な描写を楽しみませんか?

ミノルタのカメラの魅力、それがロッコールレンズの上質な描写。

国産カメラメーカーの中でもカメラの仕上げは「妖艶な」独特なもの。
どこか官能的な、物としての魅力を存分に感じることができますよ。

ぜひミノルタのカメラを愛でて、使ってみませんか?

当店、中古フィルムカメラ専門店サンライズカメラ公式サイトでも、数多くのミノルタ製フィルムカメラを取り揃えているのでぜひ御覧ください!

関連記事

ミノルタおすすめ中古レンズ13選!緑のロッコールレンズを使ってみませんか?

著者紹介:サンライズカメラ

サンライズカメラは、いまでは数少くなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。

この著者の他の記事

  • 眠っているカメラやレンズ、業界差高額で買取ります!
  • 購入後1ヶ月の動作保証&返品手数料0円

ブログトップページへ戻る

ABOUT THIS ARTICLEサンライズカメラについて

サンライズカメラはフィルムカメラを専門に扱うオンラインショップです。カメラ・レンズの販売買取だけではなく、カメラ愛好家が集うサイトを目指して情報発信を続けています。公開中の記事は、カメラのプロライターが執筆したものから、フィルムカメラを初めて手にした初心者の体験レポートなど、多種多様にそろえています。デジタルカメラとは違うフィルムカメラの魅力に触れて頂けたら嬉しいです。「こんな記事を書いて欲しい」というご要望もお気軽にお聞かせください。 

TOP > 我らフィルムカメラ主義 > ミノルタのフィルムカメラ代表機種まとめ 一眼レフ・レンジファインダーから二眼レフまで

ショッピングガイド

ご注文とご連絡の受付

WEBサイト上からは24時間いつでもご注文可能です。

お電話でのお問い合わせ、メールのお返事は、平日9:00~18:00に受け付けております。

お支払方法

クレジットカード

クレジットカードブランド一覧
カード決済にはVISA/JCB/MASTER/ダイナース/AMEX/NICOSなど、国内主要カードがご利用いただけます。

代金引換

商品受け取り時に配達員の方へ商品代金をお支払いいただきます。別途手数料を頂戴いたします(一律500円)

銀行振込

振込先はジャパンネット銀行となります。振り込み手数料はご負担ください。

PAYPAL

インターネット決済サービス「PAYPAL」を通して、商品代金をお支払いいただけます。

送料とお届け日数

ヤマト運輸宅急便発送・送料無料

ご入金いただいてから、24時間以内に発送します(日曜、祝日を除く)。ヤマト運輸「宅急便」でのお届けです。

※沖縄県、北海道、離島については航空便利用のため、1,500円の送料を頂戴します。

送料とお届け日数

安心の1ヶ月間動作保証・返品可能

返品については(場合により手数料が発生しますが)、理由を問わず承っております。また、1ヶ月の保証期間内に動作に不具合が出た場合は、購入金額を上限とした修理または返金の対応をいたします。

詳しくはこちら

Facebook