フィルムカメラ、中古レンズ販売ならサンライズカメラ

 0744-46-9124

営業時間:10:00~18:00(定休日:日・祝)

特別連載ブログ フィルムカメラのある生活

2017.12.13

PENTAXのフィルムカメラ代表機種まとめ 小型軽量一眼レフの魅力とは!?

← ブログトップページへ戻る

ペンタックスのフィルムカメラ

いまもデジタル一眼レフカメラで独特の存在感を持つカメラブランド、PENTAX(ペンタックス)
もともとは、フィルム一眼レフカメラに始まるブランドです。

「ペンタ」とは五角形のこと。
一眼レフカメラのファインダーに用いられる「ペンタプリズム」に由来するネーミングです。

PENTAXの特徴は、フィルムカメラの時代も、現代のデジタル一眼レフカメラでも、小型かつ軽量だということ。
持ち運びやすく、軽快な使用感が味わえる。

それこそがPENTAXの持ち味なのです。

今回は、PENTAXのフィルムカメラの代表機種について紹介したいと思います。

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

PENTAXのフィルムカメラ代表機種 M42マウント一眼レフ編

PENTAXの前身、旭光学が初めて一眼レフカメラを発売したのは1952年のこと。
国産初の一眼レフカメラ、Asahi Flex(アサヒフレックス)に始まります。

そして1957年には、ペンタプリズムを搭載したAsahi PENTAXが登場。
この初代Asahi PENTAX以降のカメラはM42スクリューマウント(ねじマウント)を採用し、世界中の一眼レフカメラを席巻することとなるのです。

1:Asahi PENTAX S3(1961年)

noimage

まず最初に紹介するのが、Asahi PENTAX S3(アサヒペンタックスS3)

PENTAXのM42マウント一眼レフとして、ひとまずの機能的完成をみたモデルです。
これ以前のPENTAX一眼レフは機構的に未成熟で、二軸式のシャッターダイヤルなど、各所に旧式な部分がみられます。

このAsahi PENTAX S3は、PENTAXの一眼レフではじめて、「完全自動絞り」を搭載したモデル。
前機種のAsahi PENTAX S2では対応レンズは半自動絞りのAuto Takumar(オートタクマー)でしたが、このS3ではレンズも完全自動絞りのSuper Takumar(スーパータクマー)となりました。

このS3と似通ったモデルとしては、セルフタイマー内蔵のAsahi PENTAX SV、廉価機種のAsahi PENTAX S2 Superなどがありますが、現代の目から見るとどれも使用にあたっては大差ありません。

2:Asahi PENTAX SP(1964年)

ペンタックスSP

世界的ベストセラー機種。
1960年代を代表する国産フィルム一眼レフカメラであり、M42スクリューマウントの代表的機種。

それがAsahi PENTAX SP(アサヒペンタックスSP)です。

一般にペンタックスSPと呼称されるこのカメラ。
特徴は絞り込み測光のTTL露出計を搭載したこと。
フィルム一眼レフカメラとしてTTL露出計を搭載した最初期のモデルで、一挙に露出計内蔵一眼レフが普及する契機となりました。

全世界で数百万台を売ったベストセラー機種で、入手は非常に容易です。

詳しくはこちら

PENTAX SP 60年代フィルム一眼レフカメラのスタンダード

バリエーションとして、露出計を省いたAsahi PENTAX SL(アサヒペンタックスSL)、ホットシューを搭載したAsahi PENTAX SP2(アサヒペンタックスSP2)があります。

3:Asahi PENTAX ES(1971年)

noimage

Asahi PENTAX ESは、PENTAX初のAE搭載フィルム一眼レフカメラ。
世界初の絞り優先AE一眼レフカメラでもあり、内部機構は電子化されています。

ESとは、Electro Spotmaticの略。
M42スクリューマウントを独自拡張し、開放測光に対応しています。

マイナーチェンジ機種のAsahi PENTAX ES IIが存在します。

4:Asahi PENTAX SPF(1973年)

PENTAX SPF

上記のESで導入された開放測光を、機械式カメラのSPにフィードバックした機種です。

中古ペンタックスカメラならサンライズカメラ

PENTAXのフィルムカメラ代表機種 KマウントMF一眼レフ編

1975年、PENTAXはそれまでのM42スクリューマウントから、バヨネットマウントのKマウントに移行します。

仕様が公開された「ユニバーサルマウント」のKマウントは、M42マウントとの互換性も考慮。
無事移行に成功し、マイナーチェンジを繰り返しながら現代のデジタル一眼レフにまで受け継がれています。

Kマウントについてはこちらの記事も御覧ください。

ぜひ使ってみたいペンタックスKマウント中古レンズ名玉11選

5:Asahi PENTAX K2(1975年)

ペンタックスK2

1975年、Kマウントの移行時に発売された一眼レフカメラのフラッグシップ。

それがAsahi PENTAX K2です。
絞り優先AEを搭載し、シャッターは縦走り金属幕の電子式と、のちのMEシリーズを予感させるスペックを持つカメラ。

改良版としてK2DMDが存在し、こちらはモータードライブ対応のほか、絞り値直読み窓が追加されています。

6:Asahi PENTAX KX(1975年)

PENTAX KX
(筆者私物)

1975年のKマウント移行時に発売された3機種のひとつ。

KXは、「MX」「LX」と並ぶPENTAXの名機、「3X」のひとつとして人気の高いフィルム一眼レフカメラです。

内部構造はAsahi PENTAX SPを受け継いだ機械式、布幕横走りフォーカルプレーンシャッター。
それでいて、上位機種のK2にはなかった絞り値直読み窓を最初から備えています

7:Asahi PENTAX KM(1975年)

noimage

Kマウント移行時に発売した中でも普及期に位置づけられるのが、Asahi PENTAX KM(アサヒペンタックスKM)です。

特別な機能は一切なく、基本的にはAsahi PENTAX SPFのマウントを変更しただけのカメラ
しかし、非常に堅実な設計のため、名前をPENTAX K-1000と改め、生産を国外に移しながら1990年代後半まで販売されるロングセラーとなりました。

ペンタックスK1000

K2・KX・KMのKシリーズについてはこちらの記事で解説しています。

K2・KX・KM ペンタックスのフィルムカメラKシリーズとは?

8:Asahi PENTAX MX(1976年)

PENTAX MX

Asahi PENTAX MX(アサヒペンタックスMX)は、PENTAXのフィルム一眼レフのなかでも1、2を争う人気機種。

「最小の機械式一眼レフ」として有名です。
このAsahi PENTAX MXは、同じく小型軽量のオリンパスOM-1を強く意識しており、各部寸法は、OM-1よりちょうど0.5mmずつ小さくなっています。

露出計はLEDを採用。
シャッターが完全に機械式なのが人気の秘密です。

詳しくはこちら

機械式最小の一眼レフカメラ PENTAX MX

9:Asahi PENTAX ME(1976年)

PENTAX ME

上述したMXと前後して登場したMEは、同じMシリーズながらまったくコンセプトの違うカメラ。

このAsahi PENTAX ME(アサヒペンタックスME)は、なんと絞り優先AE専用カメラなのです。
当然シャッターは電子式。
ボディサイズはMXよりも更に横幅が小さく、非常に小型となりました。

フィルムカメラの中でも一眼レフが普及していく中で絞り優先AE専用機が各社から発売されましたが、このMEはその先駆者であるといえるでしょう。

なお、この機種の廉価版としてPENTAX MV-1が設定されましたが、そのMV-1以降、ブランド名が「Asahi PENTAX」から単に「PENTAX」に変更となります。

10:PENTAX ME Super(1979年)

PENTAX ME Spuer

MEの後継機が、PENTAX ME Superです。

MEは絞り優先AE専用でしたが、こちらはシャッター速度の手動設定が可能となりました。
しかしその方式は非常に特徴的。

なんと、押しボタンを使ってシャッター速度を設定するのです。

このボタン操作は、その後一時期のPENTAXフィルム一眼レフカメラの特徴となりました。

11:PENTAX LX(1980年)

PENTAX LX

「PENTAX唯一のフラッグシップ」。

PENTAX LX(ペンタックスLX)は、PENTAXのフィルムカメラの中でも唯一の、完全にプロ用として開発・設計されたカメラです。

1970年代中頃から時間をかけて開発されたボディは、ふんだんにコストがかかったもの。
完全防塵防滴仕様、製造が難しい浮き彫りが施されたシャッターダイヤルなど、他のPENTAX製カメラとは格が違う使い心地を味わえます。

それまで大衆向けフィルムカメラのイメージが強かったPENTAXが、NikonやCanonへの対抗馬として生み出したLX。
もしPENTAXのフィルムカメラが好きなら、このLXは絶対に手にしてみることをおすすめします。

詳しくはこちら

PENTAX LX 旭光学のすべてが結集したプロ用一眼レフ

中古ペンタックスカメラならサンライズカメラ

PENTAXのフィルムカメラ代表機種 KマウントAF一眼レフ編

続いて、オートフォーカスの名機たちを紹介します。

12:PENTAX Z-1(1991年)・Z-1P(1994年)

PENTAX Z-1P

PENTAXのオートフォーカスフィルム一眼レフカメラのなかでも、初期の名機として有名なのがZ-1と、マイナーチェンジバージョンのZ-1P

最大の特徴が、AEとマニュアル操作をシームレスに移行できる「ハイパーマニュアル操作系」です。
PENTAXのデジタル一眼レフにまで受け継がれている独自の操作体系で、このハイパーマニュアルが使いたいがためにPENTAXを選び続ける人もいるくらいの使いやすさだといわれています。

13:PENTAX MZ-5(1995年)

PENTAX MZ-5

PENTAX MZ-5(ペンタックスMZ-5)は、当時機能的に肥大化しつつあった、各社のオートフォーカスフィルム一眼レフカメラのアンチテーゼとして開発されたカメラ。

使いやすい操作系と魅力的なルックスから、PENTAXとして久々のスマッシュヒットとなりました。

特徴が、機械式フィルムカメラを彷彿とさせる、ダイヤル中心の操作系。
シャッターダイヤルは機械式フィルムカメラ同様のボディ上面に配置。
絞りの操作は、当時のAF一眼レフカメラは既にボディ側での操作が多数派になっていましたが、あえてレンズ側の絞りリングを用いることとしました。

慣れ親しんだ操作方法が可能なことと、伝統的なルックスにより、フィルムカメラファンから一般ユーザーまで愛用される名機となったのです。

14:PENTAX MZ-3(1997年)

PENTAX MZ-3(限定)

MZ-3は、ユーザーからのフィードバックを元にMZ-5の各部を改良したモデル。

一見するとあまり変わりがないようにも見えますが、AEロックの搭載など決定的な機能の違いがあるため、現在では中古価格もあまり変わらないこともあり、これから購入するならMZ-5よりもこちらがおすすめです。

またシャッターダイヤルの大型化など、操作性も向上しています。

詳しくはこちら

PENTAX MZ-3 アナログな操作感で味わうAFフィルム一眼レフ

15:PENTAX MZ-S(2001年)

PENTAX MZ-S

PENTAX MZ-S(ペンタックスMZ-S)は、PENTAX MZシリーズのフラッグシップとして開発された機種ですが、各部の操作体系、そしてカメラ自体の見た目が大きく異なることから、フィルムカメラファンの間では独立した、他のMZシリーズとは別のカメラと捉えられることが多いです。

ハイパーマニュアル、ハイパープログラムなどPENTAX独自の操作系を受け継いだ「ハイパーオペレーティングシステム」を搭載し、使用感はPENTAXのAF一眼レフカメラとして完成形に近いものとなっています。

独特な外見から、ウルトラマンに登場する怪獣になぞらえて「ジャミラ」という愛称がフィルムカメラ愛好家につけられています。

中古ペンタックスカメラならサンライズカメラ

PENTAXのフィルムカメラ代表機種 中判編

PENTAXは35mmフィルムカメラだけでなく、中判フィルムカメラでも有名なメーカー。

645判と67判の中判カメラは、中判一眼レフカメラのなかでも世界を代表する存在です。

16:PETNAX 67シリーズ

67判の中判一眼レフカメラが、PENTAX 67シリーズ

1969年のAsahi PENTAX 6×7にはじまり、1989年にマイナーチェンジ・改称してPENTAX 67に。

PENTAX 6x7

1998年には絞り優先AEを搭載した67IIにフルモデルチェンジしました。

PENTAX 67II

これから購入する場合、信頼性の面から、製造年時の新しい67か67IIがおすすめです。

詳しくはこちら

PENTAX 67II ユーザーとともに歩んできた中判一眼レフ

17:PENTAX 645シリーズ

645判の軽快な中判一眼レフカメラ。
それがPENTAX 645シリーズです。

PENTAX 645
1984年のPENTAX 645

PENTAX 645N
1997年のPENTAX 645N

PENTAX 645N II
2001年のPENTAX 645N II

上記3機種が存在。

どの機種もプログラムAE、絞り優先AE、シャッター優先AEを搭載したフルモードAE機。
645NとN IIはAFまで搭載しています。

機能面では、さまざまな中判フィルムカメラのなかでももっとも進歩したもの。
便利な操作系で、快適に中判を楽しむことができますよ。

詳しくはこちら

PENTAX 645N・NII 完全自動の小型軽量中判一眼レフ

PENTAXのフィルムカメラ代表機種 110編

最後に、変わり種のカメラとして110フォーマットフィルムカメラを紹介します。

18:PENTAX Auto 110(1979年)

noimage

1970〜80年代にかけて、簡易な「ポケットカメラ」として流行した小型の110フィルム

当時一眼レフ専業メーカーだったPENTAXは、なんとこの簡易なフィルムフォーマットに真面目に取り組みます。

PENTAX Auto 110(ペンタックス オート110)は、110フィルム唯一のシステム化したレンズ交換式一眼レフカメラ
手のひらに乗る超小型ながら、広角から望遠まで各種交換レンズを取り揃えています。

1983年には改良版のAuto 110 Superにモデルチェンジしました。

現在ではフィルムの入手が難しいですが、交換レンズを、画面サイズのほぼ同じマイクロフォーサーズのミラーレス一眼にマウントアダプターで取り付けて楽しむ方が増えています。

PENTAX Auto 110用18mm F2.8

ペンタックスのオールドレンズ

この記事で解説したフィルムカメラと同じ時代に作られた、ペンタックスのオールドレンズ。
描写性にすぐれた名玉がいっぱいです。

ペンタックスはレンズもおすすめ。
詳しくはこちらをご覧ください。

ぜひ使ってみたいペンタックスKマウント中古レンズ名玉11選

スーパータクマーで楽しむオールドレンズ入門のススメ!!

フィルムカメラもデジカメ・レンズも最高値の買取を約束します!

ユーザー目線の一眼レフならPENTAX

PENTAXは、大衆向けのフィルムカメラに強みを持っているメーカー。

フラッグシップ機のPENTAX LXを含めて、ユーザーのことを第一に考えた使い心地を味わうことができますよ。
これからフィルムカメラを始める方にもおすすめできるメーカーです。

当店、中古フィルムカメラ専門店サンライズカメラでは、PENTAXの名機たちを各種取りそろえているのでぜひ御覧ください!

著者紹介:サンライズカメラ

サンライズカメラは、いまでは数少くなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。

この著者の他の記事

ブログトップページへ戻る

ABOUT THIS ARTICLEサンライズカメラについて

サンライズカメラはフィルムカメラを専門に扱うオンラインショップです。カメラ・レンズの販売買取だけではなく、カメラ愛好家が集うサイトを目指して情報発信を続けています。公開中の記事は、カメラのプロライターが執筆したものから、フィルムカメラを初めて手にした初心者の体験レポートなど、多種多様にそろえています。デジタルカメラとは違うフィルムカメラの魅力に触れて頂けたら嬉しいです。「こんな記事を書いて欲しい」というご要望もお気軽にお聞かせください。 

TOP > 我らフィルムカメラ主義 > PENTAXのフィルムカメラ代表機種まとめ 小型軽量一眼レフの魅力とは!?

ショッピングガイド

ご注文とご連絡の受付

WEBサイト上からは24時間いつでもご注文可能です。

お電話でのお問い合わせ、メールのお返事は、平日10:00~18:00に受け付けております。

お支払方法

クレジットカード

クレジットカードブランド一覧
カード決済にはVISA/JCB/MASTER/ダイナース/AMEX/NICOSなど、国内主要カードがご利用いただけます。

代金引換

商品受け取り時に配達員の方へ商品代金をお支払いいただきます。別途手数料を頂戴いたします(一律500円)

銀行振込

振込先はジャパンネット銀行となります。振り込み手数料はご負担ください。

PAYPAL

インターネット決済サービス「PAYPAL」を通して、商品代金をお支払いいただけます。

送料とお届け日数

ヤマト運輸宅急便発送・送料無料

ご入金いただいてから、24時間以内に発送します(日曜、祝日を除く)。ヤマト運輸「宅急便」でのお届けです。

※沖縄県、北海道、離島については航空便利用のため、1,500円の送料を頂戴します。

送料とお届け日数

安心の1ヶ月間動作保証・返品可能

返品については(場合により手数料が発生しますが)、理由を問わず承っております。また、1ヶ月の保証期間内に動作に不具合が出た場合は、購入金額を上限とした修理または返金の対応をいたします。

詳しくはこちら

Facebook

〒633-0072 奈良県桜井市箸中194
古物商許可番号 奈良県公安委員会:第641050000619号

お問い合わせ