特別連載ブログ フィルムカメラのある生活

2017.08.31

【2017年版】フィルムカメラ用 フィルムの選び方・種類まとめ

← ブログトップページへ戻る

35mmフィルムパトローネ

フィルムカメラで写真を撮るときに必要になる、写真用のフィルム。

カラーフィルム、モノクロフィルム。
ネガフィルムとポジフィルム。

これからフィルムカメラで写真を撮ろうと思っている方にとって、どのフィルムを選んだらよいのかはわかりにくいですよね。

また、これまでにもフィルムカメラを楽しんできた方にとっても、以前使っていたフィルムが製造中止になっていたり、はたまた新しいフィルムが登場していたりと、デジタルカメラの時代になり状況は大きく変わっています。

そこでこの記事では、これまでにもフィルムカメラを愛用してきたフィルムカメラ専門店・サンライズカメラのスタッフが、フィルムの選び方や種類について徹底解説したいと思います。

フィルムカメラでぜひ使いたいおすすめフィルム

まず最初に、すぐにフィルムで写真を撮ってみたいという方のために、初心者にもおすすめのフィルムを紹介したいと思います。

フィルムカメラをこれから使い始めるなら、「カラーネガフィルム」がおすすめ。
カメラのキタムラやヨドバシカメラ、ビックカメラをはじめとするカメラ店で簡単に現像してもらえるので、とても手軽にフィルム写真を楽しむことができますよ。

おすすめ1:富士フイルム SUPERIA PREMIUM 400

FUJIFILM フジカラー PREMIUM 400 27枚撮り 135 PREMIUM 400 27EX 1
富士フイルム
売り上げランキング: 17,458

まず初心者の方におすすめしたいのが、富士フイルムが販売している「SUPERIA PREMIUM 400」。

カラーネガフィルムのなかでも定番のひとつです。

おすすめポイントは、感度がISO400のためバランスがよいということ。
比較的フィルムの「感度」がよいため、夕方薄暗くなってきても、手ブレしたりすることなくきれいな写真を撮ることが可能。
逆に感度が高すぎることもないため、高感度フィルムにありがちなざらざら感もありません。

また、国産メーカーの富士フイルムが開発したフィルムのため、日本人の肌が美しくなるように作られており、人物を撮るのにも向いていますよ。

おすすめ2:KODAK PORTRA

とにかく美しい写真が撮りたい!
質感ある写真が撮りたい!

そんなときにおすすめしたいのが、KODAKの「PORTRA(ポートラ)
」です。

KODAK PORTRAにはISO感度の違いにより、160、400、800がありますが、コダックの高級フィルム特有の、プロも愛用する独特の空気感はどれでも十分堪能できます。

現在、アート写真家がフィルムカメラで作品を作るときの、ほぼ唯一の選択肢となっているPORTRA。
お値段は富士フイルムのフィルムよりも高めですが、ぜひ試してみたい逸品です。

おすすめ3:Agfa Vista 400 / 200

AGFAPHOTO VISTA400 36 カラーネガフィルム ISO400 36枚撮 AP400-36
アグファフォト
売り上げランキング: 36,896

質感ある美しい写真を撮りたい!

そんなときはAgfa Vistaで決まりです。

Agfaは長い伝統を誇るドイツのメーカー。
かつて富士フイルムやKODAKといった他のメーカーとは異なる、とても鮮やかな色彩で人気を集めていました。

現在ではAgfaのフィルムは他社のOEMとなってしまいましたが、実力ある描写力は現在も健在。
値段も比較的安く、気軽に人とは違うフィルムを使えますよ。

感度にはISO400とISO200がありますが、幅広い撮影シーンに対応するなら400がおすすめ。
一味違った質感をぜひ楽しんでみませんか?

フィルムの基本と種類、選び方

フィルムカメラで写真を撮るときに必ず必要になる、写真用フィルム。

まずはその基本について簡単に解説します。

フィルムカメラにはフィルムが必要

フィルムカメラとデジタルカメラの大きな違い。
それが、フィルムカメラにはフィルムを入れる必要があり、撮り終わったらフィルムを取り出して現像に出す必要があるということです。

デジタルカメラにSDカードやCFカードといったメモリーカードを入れる必要があるのと似ていますが、違うのが記録方法と撮影枚数。
デジタルカメラでは電子的にデータとして写真を保存しているのに対して、フィルムカメラでは、フィルムの上に化学的に写真を記録しているのです。

現像したフィルムを光にかざすと撮影した画像を目で見ることができますが、その画像こそ、撮影した写真そのもの。
フィルムカメラとは、写真を物理的な「絵」として保存するカメラなのです。

では、フィルムカメラで使う写真用フィルムには、いったいどんな種類があるのでしょうか。

フィルムの種類1:大きさ

いま中古で購入できるフィルムカメラは、おおむね以下の2種類のうちどちらかのフィルムを使うことになります。

35mmフィルムと120フィルムです。

35mmフィルムと120フィルム

35mmフィルム

35mmフィルムは、金属のケースに入った小型のフィルム。
ほとんどの一眼レフカメラやコンパクトカメラでは、この35mmフィルムを使います。

35mmフィルムには12枚撮り・24枚撮り・36枚撮りがあり、購入するときは24枚撮りか36枚撮りを選ぶのがおすすめです。

これから初めてフィルムカメラを中古で購入する方は、ほとんどの場合、こちらを購入すれば間違いないでしょう。

写ルンですで使われているのも、この35mmフィルムです。

35mmフィルムのうち、カラーネガフィルムはカメラのキタムラやヨドバシカメラ、街のカメラ屋さんといったお店ですぐに現像してもらうことができ、お店によっては現像をお願いしたその日のうちに写真を受け取ることが可能です。

120フィルム

いっぽう120フィルムは、35mmフィルムよりも大きく、細長いフィルム。
レンズが縦に2つ並んだ二眼レフカメラなど、「中判カメラ」と呼ばれる種類のカメラで使います。

120フィルムでは、カメラの種類によって異なりますが8枚〜16枚の撮影が可能です。

120フィルムは35mmフィルムと違い、現像に数日〜1週間程度の時間がかかることが普通です。

フィルムの種類2:カラーネガ・カラーポジ・モノクロ

フィルムカメラで使うフィルムには、撮影できる写真の種類によっても違いがあります。

カラーネガ・カラーポジ・モノクロの3種類に分けることができ、初心者の方にはカラーネガフィルムがおすすめです。

カラーネガフィルム

カラーネガフィルム

写真用フィルムのなかでもいちばんよく使われているのがカラーネガフィルムです。

カラーネガフィルムとは、撮影した写真を紙にプリントして鑑賞するためのフィルム。

「ネガ」とはネガティヴ(反転)の略で、フィルムに記録された画像の色彩が反転していることが名前の由来です。
紙にプリントすることで、色が反転していない写真ができあがります。

また、お店にお願いしたり家庭用のスキャナーを使ってパソコンに取り込むことでも、色が反転していない画像にすることができますよ。

選択肢も多く、値段も比較的安価。

35mmのカラーネガフィルムは、写真用フィルムのなかでももっとも一般的なフィルムのため、どのカメラ店でもすぐに現像してもらうことが可能です。

フィルムカメラで撮影するときには、このカラーネガフィルムを使うことがほとんどだといえるでしょう。

カラーポジフィルム(リバーサルフィルム)

カラーポジフィルム

カラーポジフィルムとは、フィルムに記録された写真の色が反転しておらず、そのまま鑑賞することができるフィルム。
別名としてリバーサルフィルムとも呼ばれていますが、同じものを指します。

スライドプロジェクターという機器でスクリーンに投影することを目的として作られたフィルムです。

特徴は、まるで宝石のような美しさ。
小さなフィルムの中に、自然のままの色彩がそのまま詰め込まれている美しさは、初めて見たら感動すること間違いありません。

パソコンやスマホに取り込んで鑑賞するときも、カラーネガフィルムを取り込んだのとは違うヴィヴィッドな色彩を楽しむことができます。

値段はカラーネガフィルムに比べて高め。
また、お店に現像をお願いするときは数日〜1週間程度の時間がかかることが普通です。

モノクロフィルム

白黒フィルム

モノクロフィルムは、白黒写真を撮るためのフィルム。

白黒写真特有の、被写体の「形」が強調された芸術的な写真を生み出すことが可能です。

モノクロフィルムがカラーネガフィルムやカラーポジフィルムと大きく異なるのが、「自分で現像できる」ということ。

現像タンクや薬品といった道具を用意することで、お店にお願いしなくても自分で写真を生み出すことができるので、モノクロフィルムはいまでもフィルムカメラファンの間に根強い人気があります。

カメラ店の講座やカルチャースクールなどでモノクロフィルムの現像を習うこともできるので、フィルムカメラに慣れてきたら自分で現像するのにチャレンジしてみるのも面白いですよ。

もちろんお店に現像を頼むこともでき、紙にプリントしたりパソコン・スマホに取り込んで鑑賞することも可能です。
お店に現像を頼んだ場合には、数日〜1週間程度時間がかかります。

(※カラーネガフィルムやカラーポジフィルムを自分で現像する愛好家もいるのですが、難易度が非常に高いためお店で現像するのが一般的です)

現像って?

フィルムカメラで撮影したあとに必要になるのが「現像」。

でも、そもそも現像とは何をすることなのでしょうか?

フィルムカメラで写真を撮っても、そのままではフィルムに記録した写真は目で見ることができません。
そこで現像を行うことで、フィルムの上に塗られた、写真を記録するための薬品(乳剤)に化学変化を起こします。

すると記録された写真が、人間の目で見ることができる、安定した状態に変わるのです。

現像は基本的に、専門のお店にお願いすることになります。

街中にあるお店では、カメラのキタムラやヨドバシカメラ、ビックカメラといったカメラ専門店。
そして、昔からある商店街の中のカメラ屋さんでも現像を受け付けてもらうことが可能です。

さらに、いまではネット上で現像を受け付けてくれるお店も数多いので、安価かつ手軽に現像をお願いすることができますよ。
ネット上で現像をお願いするときは、お店にフィルムを郵送して、現像ができあがったら返送されてくる、という形になります。

現像とプリント、現像とスキャン

写真を現像すると、紙にプリントされた写真が一緒に渡されることがほとんどだと思います。
デジタルカメラが一般的になる前、フィルムカメラしかなかった時代は、その形態がふつうでした。

そのため、現像とプリントはセットのものだと思われていて、現像する=紙の写真ができ上がることだと思っている人も多かったようです。

ですが実は、現像とプリントは別の作業なのです。
現像は、フィルムを化学的に変化させること。
プリントとは、現像したフィルムに記録された写真を、紙にプリントして鑑賞できる状態にすること。

このことを覚えておくと、お店に現像をお願いするときに少しトクすることができるかもしれません。

とくに活用したいのが、お店で写真をスキャンしてもらうとき。

お店で写真の現像をお願いするとき、スマホやパソコンで鑑賞できるデジタルデータにスキャンしてもらうことが可能です。
もし、フィルムカメラで撮った写真をスマホやパソコンの画面上でしかないときには、「スキャンだけでOK、プリントはいりません」とお願いすると、プリントしない分、安い値段で済ませることが可能です。

現像したフィルムは大切に保管しよう

最後に、非常に大切な点。

それが、現像したフィルムは捨てないで、大切に取っておくということです。

フィルムカメラで撮った写真では、現像したフィルムが元データのようなもの。
世界に1つしかない原盤です。

スキャンしたり、紙にプリントしたりしてあったとしても、現像したフィルムはけっして捨てたりしないで保管するようにしましょう。

フィルムをお店に持っていくと紙に1枚ずつプリントしてもらうことができますし、「フィルムスキャナー」という道具を買うことで、自分でデジタルデータにすることも可能です。

2017年版 おすすめのフィルム紹介

さて、それでは実際にフィルムカメラで写真を撮る場合、どんなフィルムを選ぶことができるのでしょうか?

ここでは2017年現在、入手性がよくおすすめできるフィルムを一挙紹介します!

カラーネガフィルム

富士フイルム SUPERIA PREMIUM 400

FUJIFILM フジカラー PREMIUM 400 27枚撮り 135 PREMIUM 400 27EX 1
富士フイルム
売り上げランキング: 17,458
種類 カラーネガフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
感度 ISO 400
値段 680円前後(27枚撮りx1)
2100円前後(36枚撮りx3本セット)

この記事の冒頭でも紹介しましたが、「SUPERIA PREMIUM 400」は富士フイルムが販売している、入手性がよく高性能のフィルムです。

カラーネガフィルムのなかでも非常に一般的なもののため、もし購入に迷ったらとりあえず選んでおけば間違いはないでしょう。
入手性は非常に良好です。
感度がISO400のため、多彩なシーンに対応可能です。

富士フイルム FUJICOLOR 100

FUJIFILM カラーネガフイルム フジカラー 100135 FUJICOLOR 100-R 36EX 3SB
富士フイルム (2011-04-01)
売り上げランキング: 26,392
種類 カラーネガフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
感度 ISO 100
値段 550円前後(24枚撮りx1)
810円前後(36枚撮りx1)

こちらも富士フイルムの定番のフィルムです。

SUPERIA PREMIUM 400に比べて、感度がISO100と低く、暗い場所は苦手ですが、その分粒子の細かい、美しい写真を撮ることが可能です。

うれしいのが、3本などのセット販売が多いSUPERIA PREMIUM 400と違って、36枚撮りが1本ずつ購入可能なこと。

1本だけフィルムが欲しいというときには、こちらを選んでみるのもよいでしょう。
こちらも非常に入手性良好です。

富士フイルム 業務用フィルム

種類 カラーネガフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
感度 ISO100
ISO400
値段 300〜400円前後(24枚撮りx1)
4,000〜5,000円前後(36枚撮りx10本セット)

安い値段でおトクに写真が撮りたいというときに、ぜひ活用したいのが富士フイルムの「業務用フィルム」。
感度は2種類あり、ISO100とISO400です。

業務用フィルムとは、包装を簡易にし、プロ用に安価に供給されているフィルムのこと。
値段は安いですが、性能面では富士フイルムの他のフィルムとまったく遜色ありません。
もちろん現像も、他のフィルムと変わりなくお店で受け付けてもらえます。

実は入手性もよく、カメラのキタムラなどの専門店で、1本ずつバラ売りされているものを手軽に入手することができますよ。
さらに、ネット通販で10本セットを購入することで、1本あたりの価格は非常に安くなります。

フィルム1本につき300〜400円強という価格は、フィルムカメラでたくさん写真を撮りたいときの強い味方。
ぜひ業務用フィルムでおトクにフィルムカメラを楽しみましょう!

富士フイルム FUJICOLOR C200

種類 カラーネガフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
感度 ISO200
値段 3,500円前後(36枚撮りx10本セット)

こちらも、上で紹介した業務用フィルムと同様、非常に安価に入手することができるフィルムです。

FUJICOLOR C200は海外で富士フイルムが販売しているフィルムで、日本で手に入るのは逆輸入品となります。
実用上は十分な性能があり、他のフィルムとも性能的に遜色ありません。

基本的に購入はネット通販となりますが、安価にフィルムが欲しいときは、こちらも検討してみるとよいでしょう。

富士フイルム NATURA 1600

種類 カラーネガフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
感度 ISO1600
値段 900円前後(36枚撮りx1本)

NATURA 1600は、富士フイルムが販売している超高感度フィルム。
屋内や夜間といった暗い環境でも撮影可能なフィルムです。

このNATURA 1600は、フィルムカメラからデジタルカメラへ移行する過渡期に、富士フイルムが持てる技術のすべてを注ぎ込んで開発した超高性能フィルム。
最大の特徴は、一般的に画像がざらざらになってしまう超高感度フィルムにもかかわらず、ISO400のフィルムと同じくらい美しい画像を得ることができるということです。

またこのフィルムは、同じ名前を持つカメラ、富士フイルム NATURAとの相性が抜群。
NATURAシリーズを使っている方は、ぜひこのフィルムを組み合わせてみることをおすすめします。

富士フイルム NATURA Classicaについては、こちらの記事で紹介しています。
https://sunset-camera.com/2017/02/13/fuji-natura-classica/

FUJIFILM PRO400H

種類 カラーネガフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
120
感度 ISO400
値段 1,200円前後(35mm 36枚撮りx1本)
4,000円前後(120 x5本セット)

PRO400Hは、富士フイルムのプロ用カラーネガフィルム。
後述するKODAK PORTRAと並んで、プロのカメラマンや芸術写真家が愛用するフィルムとして知られています。

濃厚な色合いのKODAK PORTRAに比べて、透き通った清涼感ある色合いを味わえることに定評があります。
高級フィルムとしては、国産ということもありKODAK PORTRAより安価なのも魅力です。

PRO400Hは35mmフィルムだけでなく120フィルムも用意されているため、二眼レフやハッセルブラッドなどの中判カメラでも使うことができる貴重な選択肢でもあります。

KODAK PORTRA 160/400/800

種類 カラーネガフィルム
メーカー KODAK
サイズ 35mm
120
感度 ISO160
ISO400
ISO800
値段 6,000円前後(35mm ISO160 36枚撮りx5本セット)
6,000円前後(35mm ISO400 36枚撮りx5本セット)
1,500円前後(35mm ISO800 36枚撮りx1本)
5,000円前後(120 ISO160x5本セット)
5,000円前後(120 ISO400x5本セット)

PORTRA(ポートラ)は、アメリカのフィルムメーカー、KODAK(コダック)が販売しているプロ用フィルム。
この記事の冒頭でもおすすめとして紹介しましたが、非常に濃厚な描写を味わえるフィルムです。

富士フイルムのフィルムに比べて値段は高めですが、多くのプロや芸術写真家が愛用していることからも性能は折り紙付き。
ぜひアーティスティックな描写力を堪能してもらいたい逸品です。

フィルム感度はISO160・ISO400・ISO800の3種類。

富士フイルム PRO400Hと同じく35mmフィルムカメラ用だけでなく120フィルムも用意されているので、中判カメラでも使うことができますよ。

KODAK Ektar 100

種類 カラーネガフィルム
メーカー KODAK
サイズ 35mm
感度 ISO100
値段 1,500円前後(36枚撮りx1本)

Ektar 100は、KODAKのプロ用カラーネガフィルムです。

「Ektar」とはKODAKがかつて販売していたカメラに取り付けられたレンズと同じ名前。
歴史ある名前を受け継いでいることからもわかるように、こちらもPORTRAと同じく高性能。

粒状性が世界トップレベルに良好で、精緻な描写と濃厚な色彩を併せ持つ、このフィルムでしか味わえない画像を得られるフィルムです。

海外では120フィルムも存在し、通販サイトによっては取扱いもあるようですが、国内で入手性がよいのは35mmフィルムのみとなるようです。

Agfa Vista Plus

AGFAPHOTO VISTA400 36 カラーネガフィルム ISO400 36枚撮 AP400-36
アグファフォト
売り上げランキング: 36,896
種類 カラーネガフィルム
メーカー Agfa
サイズ 35mm
感度 ISO200
ISO400
値段 650円前後(36枚撮りx1本)

赤いパッケージがトレードマークのフィルム。
ドイツのメーカー、AgfaのVista Plusは、質感ある描写に特色があるカラーネガフィルムです。

現在ではOEMとなってしまいましたが、Agfa伝統の表現力は現在でも健在。
値段も手頃で、普段使っているフィルムから入れ替えるだけで気軽に違う気分を味わうことができますよ。

感度はISO200とISO400が存在しています。

ロモグラフィー カラーネガフィルム

Lomography Color Negative 100 35mm (3本パック)
Lomography (ロモグラフィー)
売り上げランキング: 24,944
種類 カラーネガフィルム
メーカー ロモ
サイズ 35mm
感度 ISO100
ISO400
ISO800
値段 1,500円前後(36枚撮りx3本セット)

トイカメラで知られるロモグラフィーが供給しているカラーネガフィルムです。

特徴はクラシカルな発色。
こちらのフィルムも彩度が高い、ヴィヴィッドな画像を楽しむことが可能です。

ロモグラフィーのフィルムというと使ったことがない方も多いかもしれませんが、値段も手頃なので、試しに使ってみるのも一興でしょう。

ロモグラフィーはこのほかにもさまざまなコンセプトのフィルムを次々と送り出しているので、フィルムカメラの楽しみを広げることができますよ。

カラーポジフィルム

富士フイルム VELVIA100

FUJIFILM リバーサルフィルム フジクローム Velvia 100 35mm 36枚 1本 135 VELVIA100 NP 36EX 1
富士フイルム (2013-04-01)
売り上げランキング: 59,022
種類 カラーポジフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
120
感度 ISO100
値段 1,300円前後(35mm 36枚撮りx1本)
4,000円前後(120 x5本セット)

VELVIA(ベルビア)フィルムカメラ全盛期から販売されてきた、富士フイルムの定番カラーポジフィルムです。

富士フイルムのカラーポジフィルムには定番品として、このVELVIAと後述するPROVIAが存在します。
こちらのVELVIAの特徴は、色彩がヴィヴィッドなこと。
劇的な描写が味わえるフィルムです。

富士フイルムPROVIA100F

FUJIFILM リバーサルフィルム フジクローム PROVIA 100F 35mm 36枚 1本 135 PROVIA100F NP 36EX 1
富士フイルム (2013-04-01)
売り上げランキング: 127,023
種類 カラーポジフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
120
感度 ISO100
値段 1,300円前後(35mm 36枚撮りx1本)
4,000円前後(120 x5本セット)

PROVIA(プロビア)もまた、富士フイルムの定番カラーポジフィルムです。

PROVIAの特徴は、VELVIAに比べて発色がニュートラルだということ。
見たままの光景を美しく切り取るには最適なフィルムです。

富士フイルム VELVIA50

FUJIFILM リバーサルフィルム フジクローム Velvia 50 35mm 36枚 1本 135 VELVIA50 NP 36EX 1
富士フイルム (2013-04-01)
売り上げランキング: 59,902
種類 カラーポジフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
120
感度 ISO50
値段 1,500円前後(35mm 36枚撮りx1本)
4,000円前後(120 x5本セット)

上で紹介した富士フイルム VELVIAの低感度・高画質バージョンです。

一般的に使われているISO100のフィルムよりもさらに感度が低く、そのかわり、画質が非常に向上しています。

デジタルカメラでは得られない、空気まで写し撮るような美麗な画像をポジフィルムで楽しむなら、ぜひ使ってみたい逸品だといえるでしょう。

Agfa CT100

種類 カラーポジフィルム
メーカー Agfa
サイズ 35mm
感度 ISO100
値段 1,500円前後(36枚撮りx1本)

赤いパッケージが目を引く、Agfaのカラーポジフィルムです。

カラーポジフィルムが減少してしまった現在において、富士フイルム以外の貴重な選択肢。
こちらもAgfaのカラーネガフィルムと同じく、濃厚な描写力をもつ実力派です。

ROLLEI VARIO CHROME

Rollei カラーリバーサルフィルム Vario Chrome 35mm 36枚撮り
ローライ/ROLLEI
売り上げランキング: 64,874
種類 カラーポジフィルム
メーカー ROLLEI
サイズ 35mm
感度 ISO200〜400
値段 定価1,620円(36枚撮りx1本)

2017年、ドイツのローライが新たに送り出したカラーポジフィルムです。
基本的には限定品として販売されており、入荷しているのを見つけた際にはぜひ購入することをおすすめします。

ISO感度はISO320が標準とされているようですが、カメラや鑑賞方法に合わせてISO200〜400の間で指定されており、使う人の意図に応じたさまざまな撮影方法が可能です。

モノクロフィルム

KODAK Tri-X(400TX)

種類 モノクロフィルム
メーカー KODAK
サイズ 35mm
120
感度 ISO400
値段 950円前後(35mm 36枚撮りx1本)
5,000円前後(120 x5本セット)

400TXこと「トライX」は、50年以上の伝統を持つ、世界を代表するモノクロフィルムです。

名実ともに世界標準。
世界中の写真家が愛用し続けてきた、まさにモノクロフィルムの王様といっても過言ではないでしょう。

「トライXで万全」という格言もあるように、モノクロフィルムでの撮影を楽しむなら、まず最初の1本はトライXを選べば間違いありません。

自分で現像する場合にも、ネット上にデータが非常に多いため困ることはありません。

とにかく、モノクロフィルムを使ってみたいと思ったらまずはトライX。
このフィルムを選んでおけば、モノクロの場合間違いは絶対ありません。

富士フイルム NEOPAN 100 ACROSS

FUJIFILM 黒白ネガフイルム ネオパン 100 ACROS 35mm 36枚 3本 135 ACROS100 NP 36EX 3SB
富士フイルム (2013-04-01)
売り上げランキング: 4,096
種類 モノクロフィルム
メーカー 富士フイルム
サイズ 35mm
120
感度 ISO100
値段 700円前後(35mm 36枚撮りx1本)
2,500円前後(120 x5本セット)

現在、多くのカメラマンや芸術写真家が愛用するモノクロフィルムは、上で紹介したトライXと、このNEOPAN 100 ACROSSに二分されているといって間違いないでしょう。

NEOPAN 100 ACROSSは、富士フイルムが唯一製造を続けているモノクロフィルム。
特徴は、とにかく微粒子であるということ。
他のどんなモノクロフィルムよりも精密な描写が可能で、性能面でいえば間違いなく世界一のモノクロフィルムです。

値段の面でも国産ということもあり比較的安価で、とくに120の場合トライXとの価格差は非常に大きくなります。
もちろんトライXとは方向性が異なるフィルムではありますが、こちらもまた、モノクロで撮影したいときには真っ先に考えられる選択肢であることは間違いないでしょう。

KODAK TMAX-100 / TMAX-400

種類 モノクロフィルム
メーカー KODAK
サイズ 35mm
120
感度 ISO100
ISO400
値段 900円前後(35mm 36枚撮りx1本)
4,500円前後(120 x5本セット)

KODAK TMAX-100とTMAX-400は、トライXと並んでKODAKが製造し続けている、モノクロフィルムの数少ない選択肢です。

もともと、トライXなどのフィルムの後継として開発された高級フィルムではあるのですが、いまひとつトライXやNEOPAN 100 ACROSSの陰に隠れてしまっている印象があります。

けっして悪いフィルムではないですし、販売価格も微妙にトライXより安いのですが、モノクロフィルムで撮影するとしたら、心情的にどちらかといえばトライXのほうをおすすめしてしまいます。

自分で現像をする場合、専用のTMAX現像液を使わないと良好な現像結果が得られないのもマイナスポイントです。

ILFORD FP4 PLUS

Ilford FP-4 Plus 125 135-36 B/W Film 36 Exp by Ilford
Ilford
売り上げランキング: 1,250,671
種類 モノクロフィルム
メーカー ILFORD
サイズ 35mm
120
感度 ISO125
値段 850円前後(35mm 36枚撮りx1本)
800円前後(120 x1本)

ILFORD FP4 PLUSは、イギリスのフィルムメーカー、ILFORD(イルフォード)が販売しているモノクロフィルム。
KODAKのトライXと同じくらいの歴史を持つ伝統を受け継いだフィルムです。

描写についてはモノクロフィルムとして標準的なもの。
自分で現像するときも、トライXやNEOPAN 100 ACROSSと同様の標準的な現像条件で良好なネガが得られます。

このフィルムに限りませんが、ILFORDのモノクロフィルムの大きな利点が、120フィルムも1本ずつ単品で購入できるということ。
他のフィルムメーカーの場合、120フィルムは5本セットでの販売が一般的になってしまいました。

しかしILFORDなら、気軽にモノクロフィルムを購入して試してみることができるのです。

さらに、このフィルムに限りませんがILFORDは100ftフィルム(長巻)が未だに販売されているので、安価にモノクロフィルムを楽しみたいという上級者の方には非常に頼りになる存在だといえるでしょう。

ILFORD HP5 PLUS

ILFORD 白黒フィルム HP5 PLUS400 35mm 36枚撮り 1574577
イルフォード
売り上げランキング: 572,425
種類 モノクロフィルム
メーカー ILFORD
サイズ 35mm
120
感度 ISO400
値段 850円前後(35mm 36枚撮りx1本)
800円前後(120 x1本)

ILFORDのモノクロフィルムのうち、ISO400の高感度版です。
こちらも非常に標準的な描写をしてくれる、使いやすいモノクロフィルムです。

120フィルムのバラ売りあり、長巻の供給あり。

ILFORD PAN F PLUS

Ilford Pan F Plus Camera Film Black and White 135 /36 1 Reel
Ilford
売り上げランキング: 1,191,300
種類 モノクロフィルム
メーカー ILFORD
サイズ 35mm
120
感度 ISO50
値段 1,000円前後(35mm 36枚撮りx1本)
900円前後(120 x1本)

超微粒子が魅力の、ISO50の低感度フィルムです。
自分で現像して、低感度フィルム特有のねっとりとした質感ある描写をいかに引き出すかが勝負となる、マニア向けモノクロフィルムだといえるでしょう。

120フィルムのバラ売りあり、長巻の供給あり。

ILFORD DELTA 100

種類 モノクロフィルム
メーカー ILFORD
サイズ 35mm
120
感度 ISO100
値段 950円前後(35mm 36枚撮りx1本)
850円前後(120 x1本)

ILFORD DELTAシリーズは、KODAKのTMAXに相当する、新技術で開発された高性能フィルムです。
特徴は、上記のFP4やHP5に比べて粒状性が良いこと。
フィルムカメラらしい粒状感を味わえるFP4やHP5といった旧世代フィルムと、階調にすぐれた描写のDELTAとどちらを選ぶかは好みによりますが、モノクロフィルムの表現を広げるうえで、重要な選択肢であることに間違いはないでしょう。

120フィルムのバラ売りあり、長巻の供給あり。

ILFORD DELTA 400

イルフォード デルタ 400 プロフェッショナル 35mm 36枚撮り 1748192
イルフォード
売り上げランキング: 514,021
種類 モノクロフィルム
メーカー ILFORD
サイズ 35mm
120
感度 ISO400
値段 950円前後(35mm 36枚撮りx1本)
850円前後(120 x1本)

こちらはILFORD DELTAのISO400版です。
同じISO400のHP5とどちらを選ぶかは好みによります。

120フィルムのバラ売りあり、長巻の供給あり。

ILFORD DELTA 3200

種類 モノクロフィルム
メーカー ILFORD
サイズ 35mm
120
感度 ISO3200
値段 1,300円前後(35mm 36枚撮りx1本)
1,200円前後(120 x1本)

ここまで紹介してきたフィルムは、そのほとんどがISO100やISO400。
ですが、このフィルムの感度はレベルが違います。

なんと、ISO3200。
夜間撮影も十分に可能なレベルの、まごうことなき超高感度です。

ISO3200のフィルム自体は、フィルムカメラの全盛期には他にも存在していたのですが、いまとなっては、このDELTA 3200は非常に貴重な存在です。

トライXを増感するのもよいですが、モノクロフィルムで夜の街を切り取るなら、このDELTA 3200も心強い武器となってくれることでしょう。

120フィルムのバラ売りあり。

ILFORD SFX200

種類 モノクロフィルム(赤外フィルム)
メーカー ILFORD
サイズ 35mm
120
感度 ISO200
値段 1,500円前後(35mm 36枚撮りx1本)
1,350円前後(120 x1本)

このフィルムは赤外フィルム。
この記事で紹介している他のフィルムとは異なる特殊フィルムです。

赤外フィルムとは、人間の目では感じられない赤外線を記録する能力を持ったフィルムのこと。
赤外フィルムを使うと、空が真っ黒に移り、木が真っ白に写るというような、一種独特の描写を楽しむことが可能です。

赤外フィルムはかつては他にも存在していましたが、現在ではこのSFX200だけが貴重な生き残り。
フィルムカメラに慣れてきたら、ぜひ赤外撮影にも挑戦してみませんか?

120フィルムのバラ売りあり。

Kentmere 100 / 400

種類 モノクロフィルム
メーカー Kentmere
サイズ 35mm
感度 ISO100
ISO400
値段 800円前後(35mm 36枚撮りx1本)

イギリスのメーカー、Kentmere(ケントメア)が製造しているモノクロフィルムです。
ISO100と400があります。

こちらも性能的には標準的なもの。
このフィルムは日本国内においては2010年前後から販売されるようになった、比較的新しい存在。

発売当時は、KODAKや富士フイルムのモノクロフィルムが値上がりする中で相対的に安価で、安くモノクロフィルムが手に入るという点で存在意義は十分にありました。

しかし、値上がりしたいまとなっては、いまひとつ決定的な選択肢になりにくいフィルムとなってしまった感があります。
とはいえ、こちらもILFORDと同じく35mmの100ft長巻が存在しているのは嬉しい点ではあります。

オリエンタル ニューシーガル100 / 400

種類 モノクロフィルム
メーカー オリエンタル
サイズ 35mm
感度 ISO100
ISO400
値段 700〜800円前後(35mm 36枚撮りx1本)

モノクロ印画紙で知られるオリエンタルブランドで販売されているモノクロフィルムです。

感度はISO100とISO400。
値段が比較的安価なことが魅力だといえるでしょう。

2016年に登場した比較的新しいフィルムなので、ぜひ積極的に使って応援してあげたい存在です。

ROLLEIのモノクロフィルム

種類 モノクロフィルム
メーカー ROLLEI
サイズ 35mm
感度 ISO80〜400
値段 900円前後(35mm 36枚撮りx1本)
1,100円前後(120 x1本)

ドイツのROLLEI(ローライ)ブランドで販売されているモノクロフィルムも数多く存在しています。

実はこれらローライのフィルムは、かつてのAgfaの工場を引き継いだもの。
ヨドバシカメラなどの量販店でも店頭に並んでいるため、KODAKや富士フイルムといったメジャーなメーカーとは異なる描写を楽しみたいときに、気軽に選べる選択肢となっています。

フィルムをネットで購入するのにおすすめのお店3選

いまでも数多くの種類が販売されている写真用フィルム。
もちろんネットでも購入することが可能です。

しかも、日本国内で通常販売されていないフィルムを輸入しているお店もあるため、ヨドバシカメラなどの店頭では見ることができない、マニアックなフィルムを購入することもできますよ。

当店サンライズカメラはフィルムの取扱いはないため、ネット上のおすすめのお店を3つ紹介させていただきます。

1.かわうそ商店

かわうそ商店は、ネット上のフィルム通販では最大級の品揃えを誇るお店。

この記事で紹介した富士フイルムやKODAKといったメーカーの定番品はもちろんのこと、本記事では紹介を割愛しましたが中国のLUCKYや東欧のFomaといった、マニアの間で人気の高いマイナーフィルムも購入可能です。

変わったフィルムが欲しいと思ったら、まずチェックしてみましょう。

かわうそ商店 公式サイトはこちら
http://kawauso.biz/

2.みらいフィルムズ

みらいフィルムズも、かわうそ商店と並んでネット上のフィルム通販として知られているお店。
かわうそ商店に負けず劣らず、充実したラインナップを取り揃えています。

みらいフィルムズ 公式サイトはこちら
http://miraifilms.jp/

3.Freestyle Photographic Supplies

Freestyle Photographic Suppliesは、アメリカの写真用品専門ネット通販サイト。

上に紹介した2店とは異なり、こちらは個人輸入となります。

フィルムを個人輸入するメリットは、日本国内よりも安価に購入できるということ。
海外の方がフィルムの値段が安いため、フィルムを多く使いたい場合、本数が増えれば増えるほどおトクに購入することが可能です。

フィルム自体の品揃えも、日本国内のお店とは比べ物にならないくらい充実しています。
フィルムだけでなく、印画紙をはじめ他の写真用品も充実。
国内で販売終了した商品も、普通に取り扱われていたりします。

また、Freestyle Photographic Suppliesでは写真を学ぶ美術系学生のために独自ブランド「Arista」というフィルムを販売しており、こちらは富士フイルムやKODAKといったブランドよりも更に安価にフィルムを購入することが可能です。

為替にも影響されますが、フィルムの個人輸入に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Freestyle Photographic Supplies 公式サイトはこちら
http://www.freestylephoto.biz/

まとめ:まずはフィルムを入れて撮影してみよう!

フィルムカメラを使うときに必須となるフィルム。

まずはカラーネガフィルムを使って撮影してみるのがおすすめです。
最初は富士フイルムやKODAKといった定番メーカーのフィルムを使って、慣れてきたらそのほかのフィルムを入れてみて、お気に入りのフィルムを見つけるのがよいでしょう。

ぜひあなたも、この記事で紹介したさまざまなフィルムを体験してみてくださいね!

著者紹介:サンライズカメラ

サンライズカメラは、いまでは数少くなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。

この著者の他の記事

  • 眠っているカメラやレンズ、業界差高額で買取ります!
  • 購入後1ヶ月の動作保証&返品手数料0円

ブログトップページへ戻る

ABOUT THIS ARTICLEサンライズカメラについて

サンライズカメラはフィルムカメラを専門に扱うオンラインショップです。カメラ・レンズの販売買取だけではなく、カメラ愛好家が集うサイトを目指して情報発信を続けています。公開中の記事は、カメラのプロライターが執筆したものから、フィルムカメラを初めて手にした初心者の体験レポートなど、多種多様にそろえています。デジタルカメラとは違うフィルムカメラの魅力に触れて頂けたら嬉しいです。「こんな記事を書いて欲しい」というご要望もお気軽にお聞かせください。 

TOP > 我らフィルムカメラ主義 > 【2017年版】フィルムカメラ用 フィルムの選び方・種類まとめ

ショッピングガイド

ご注文とご連絡の受付

WEBサイト上からは24時間いつでもご注文可能です。

お電話でのお問い合わせ、メールのお返事は、平日9:00~18:00に受け付けております。

お支払方法

クレジットカード

クレジットカードブランド一覧
カード決済にはVISA/JCB/MASTER/ダイナース/AMEX/NICOSなど、国内主要カードがご利用いただけます。

代金引換

商品受け取り時に配達員の方へ商品代金をお支払いいただきます。別途手数料を頂戴いたします(一律500円)

銀行振込

振込先はジャパンネット銀行となります。振り込み手数料はご負担ください。

PAYPAL

インターネット決済サービス「PAYPAL」を通して、商品代金をお支払いいただけます。

送料とお届け日数

ヤマト運輸宅急便発送・送料無料

ご入金いただいてから、24時間以内に発送します(日曜、祝日を除く)。ヤマト運輸「宅急便」でのお届けです。

※沖縄県、北海道、離島については航空便利用のため、1,500円の送料を頂戴します。

送料とお届け日数

安心の1ヶ月間動作保証・返品可能

返品については(場合により手数料が発生しますが)、理由を問わず承っております。また、1ヶ月の保証期間内に動作に不具合が出た場合は、購入金額を上限とした修理または返金の対応をいたします。

詳しくはこちら

Facebook