特別連載ブログ フィルムカメラのある生活

2017.06.06

ハッセルブラッドSWC 世界最高の「広角」カメラ

← ブログトップページへ戻る

Hasselblad SWC

スウェーデンのカメラメーカー、ハッセルブラッド。
言わずと知れた、中判一眼レフの王者ともいうべき存在ですが、そんなハッセルブラッドが送り出したカメラのなかでも、特異な立ち位置を持っているのが、ハッセルブラッドSWCです。

ハッセルブラッドSWCの特徴。
それは、超広角レンズ「ビオゴン」を使うためだけに作られたカメラだということ。
カメラではなくレンズが主役。
ビオゴンあってこそのハッセルブラッドSWCなのです。

ビオゴンは、カール・ツァイスの対称型超広角レンズ。
一眼レフ用のレトロフォーカスレンズでは不可能な、収差の少ない美しい画像を得ることが可能です。

他に並ぶもののない存在。
それがハッセルブラッドSWCの魅力なのです。

ハッセルブラッドSWC

ビオゴンを使うためのカメラ、それがハッセルブラッドSWC。
いったいどんな特徴を備えているのでしょうか?

ハッセルブラッドSWCの性能とスペック

Hasselblad SWC

形式 中判超広角専用カメラ
シャッター速度 B、1秒〜1/500秒
レンズシャッター
露出計 なし
AE なし
ファインダー 目測式
レンズ ビオゴン 38mm F4.5
使用フィルム 120フィルム・220フィルム
フィルム交換 フィルムバック交換式

ハッセルブラッドSWCとは

Hasselblad SWC

ハッセルブラッドSWCは、スウェーデンのカメラメーカー、ハッセルブラッドが製造してきた超広角撮影専用カメラのこと。

基本的には中判一眼レフである他のハッセルブラッドのフィルムカメラとは一風変わった存在となっています。

最大の特徴は、超広角レンズである、カール・ツァイスの「ビオゴン」がボディに固定されているということ。
そして、ピント合わせも目測式となります。

ビオゴンを使うためのカメラ

Hasselblad SWC

このカメラの特徴であり、存在意義でもあるのが、装着されているビオゴンというレンズ。

ハッセルブラッドSWCにはいくつかのモデルが存在しますが、どのモデルにも共通して、ビオゴン38mm F4.5が取り付けられています。

ビオゴンは超広角レンズ。
35mmフィルムに換算すると画角は約20mm相当となります。

このビオゴンというレンズは、対称型レンズに分類されます。
対称型レンズとは、レンズを横から輪切りにしたときに、レンズの前側と後側が対称型になっているレンズのこと。
超広角レンズの設計において、画像が歪んでしまう「収差」を少なく抑えることができる優れた特性を持っています。

「収差が少ない」とはどんなことなのでしょうか。
それは、「直線が直線に写る」ということ。

まっすぐなものがまっすぐに写るのは、当然のことと思うかしれません。
しかしながら、球面であるレンズを通した光を平面であるフィルムに焼き付けようとするのは一筋縄ではいかないことなのです。

一眼レフに用いられる「レトロフォーカス型」の超広角レンズでは、多かれ少なかれ、どうしても、被写体の形が歪む「歪曲収差」が生じてしまいます。
レンズが広角になればなるほど、収差の補正は難しくなります。
その点、このビオゴンのような対称型は歪曲収差の補正が容易なため、「まっすぐなものがまっすぐに写る」画像を得ることが可能なのです。

また、対称型レンズはレンズの構成がシンプルなため、シャープな写真を得やすいこともメリットとなります。

ビオゴン専用設計

しかし、メリットばかりのように見える対称型超広角レンズにも弱点があるのでした。

それは、レンズの後端がカメラの中に大きく飛び出てしまうということ。

レンズの形が前後対称ということは、カメラの前に飛び出ているのと同じ分、カメラの中にもレンズが突き出てしまうということです。

Hasselblad SWC

そのため、カメラボディの内部にレフレックスミラーが存在する一眼レフカメラには、基本的に対称型超広角レンズを取り付けることはできません。
(ミラーアップして装着するレンズという例外はあります)

ハッセルブラッドSWCが、他のハッセルブラッドと違って一眼レフではないのも、レンズが固定式となっているのも、ボディ内にレンズが大きく飛び出てしまうため。

逆にいえばビオゴンは、中判一眼レフの雄・ハッセルブラッドが、一眼レフであることを捨ててまで用いたかった超高性能レンズであるともいえるでしょう。

超広角だから目測式でもOK

ハッセルブラッドSWCは、ピント合わせは目測式となっています。
一眼レフやレンジファインダーのように厳密なピント合わせはできず、被写体との距離を勘で測って合わせることになります。

というとピントの合っていない写真を量産してしまうのではと不安に思うかもしれませんが、その点についても問題はありません。

ビオゴン38mm F4.5は、先にも書いたように35mm換算で20mm相当の超広角レンズ。
超広角レンズということは、見かけの被写界深度の深さはかなりのものとなります。

日中、屋外での撮影であれば、よほどのことがなければ被写体は被写界深度の中に収まるはず。
ピントが合わない心配はほとんどありません。

使用時にはカメラの傾きに注意

ただし、目測式かつ超広角レンズ搭載のため、ハッセルブラッドSWCの撮影時にはカメラの傾きに注意することが必要です。
超広角での撮影では、カメラが少し斜めになっているだけで非常に目立ってしまいます。

そこでハッセルブラッドSWCには、あらかじめ水準器がボディに内蔵されています。
水準器を使って、しっかりと水平を出して撮影する。

それが使用時の鉄則です。

Hasselblad SWC

超広角で楽しむ「ましかく写真」

さて、ハッセルブラッドSWCは他のハッセルブラッドと同じく6×6判を採用しています。
ということは、もちろん画面は正方形の「ましかく写真」。

超広角レンズを使うというだけならば、他のカメラでも可能です。
デジタル一眼レフカメラでも、当然超広角レンズは用意されています。

でも、正方形の写真を撮ることができるのは、フィルムの中判カメラだけの特権なのです。

レンズの性能をすみずみまで活かした正方形の美麗な画面は、まさにハッセルブラッドSWCだけが実現できる世界にほかなりません。

しかもレンズは世界一のレンズメーカー、カール・ツァイス製。
ドイツが誇る銘レンズであるビオゴンを中判で楽しむ唯一の選択肢なのです。

ハッセルブラッドSWCを中古購入するなら

さて、ではハッセルブラッドSWCでビオゴンを楽しむなら、中古購入時にどんなことに気をつければよいのでしょうか。
時代ごとに複数モデルが存在しているハッセルブラッドSWCですが、カール・ツァイスの味はどのモデルも甲乙つけがたいもの。

中古購入の参考に、それぞれのモデルを紹介します。

初期のモデル

ハッセルブラッドSWCシリーズへと繋がるカメラが生まれたのは1954年のこと。
1954年発売の、ハッセルブラッド スーパーワイドアングル(SWA)です。
ハッセルブラッドSWAは1956年にハッセルブラッド スーパーワイド(SW)へと小改良が行われます。

ハッセルブラッドSWC

Hasselblad SWC

1959年から販売されたモデルが、ハッセルブラッドSWC。
同時代のハッセルブラッド製一眼レフカメラである、ハッセルブラッド500Cに相当するモデルです。

デザインは基本的にハッセルブラッド500Cを元としたもの。

レンズは同時代のハッセルブラッド一眼レフ用レンズと同じく、1973年からT*コーティングが施されるようになります。

Hasselblad SWC

ハッセルブラッドSWC/M

Hasselblad SWC/M

1979年から販売されたハッセルブラッドSWC/MはSWCにポラロイドバックが取り付けられるように小改良が行われたモデルです。

現代となってはポラバックの出番はないといえるので、中古購入の際には通常のSWCと好みで選んで構わないといえるのではないでしょうか。

ハッセルブラッド903SWCと903SWCE

Hasselblad 903SWC

1988年のモデルです。

それまでボディに組み込まれていた水準器がファインダーに移動するなど、各部が小改良されています。
SWCEはモータードライブを組み込んだ特注モデルとなります。

ハッセルブラッド905SWC

2001年に発売された最新のハッセルブラッドSWC系カメラです。
デザインが同時代のハッセルブラッド一眼レフカメラであるCFi系と統一され、ガラスも時代を反映して無鉛ガラスに変更されています。

対称型超広角レンズを味わえるのはフィルムカメラだけ

ビオゴンを使うためのカメラ。
それがハッセルブラッドSWCです。

対称型超広角レンズであるビオゴン。
実は、デジタルでは楽しみづらいレンズ形式でもあります。

フィルムカメラに比べてレンズ後端とカメラ内部が接触しやすいデジタルカメラでは、たとえミラーレスにマウントアダプターを装着したとしても、対称型超広角レンズは使用できないことが多いのです。

それでなくても、ハッセルブラッドSWCは中判でカール・ツァイスの超広角レンズを使うことができる唯一無二の選択肢。
このカメラでしか味わうことができない描写は、フィルムカメラが好きならぜひ一度は体験してみたいものだといえるでしょう。

著者紹介:サンライズカメラ

サンライズカメラは、いまでは数少くなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 「こんな記事が読みたい」というご要望がありましたら、お気軽にFacebook、Twitter、お問い合わせフォームなどからご連絡ください。カメラ愛好家のみなさん、これからフィルムを始めたいみなさんとお話できることを楽しみに待っています。

この著者の他の記事

ブログトップページへ戻る

ABOUT THIS ARTICLEサンライズカメラについて

サンライズカメラはフィルムカメラを専門に扱うオンラインショップです。カメラ・レンズの販売買取だけではなく、カメラ愛好家が集うサイトを目指して情報発信を続けています。公開中の記事は、カメラのプロライターが執筆したものから、フィルムカメラを初めて手にした初心者の体験レポートなど、多種多様にそろえています。デジタルカメラとは違うフィルムカメラの魅力に触れて頂けたら嬉しいです。「こんな記事を書いて欲しい」というご要望もお気軽にお聞かせください。 

TOP > フィルムカメラ大全集 > ハッセルブラッドSWC 世界最高の「広角」カメラ

ショッピングガイド

ご注文とご連絡の受付

WEBサイト上からは24時間いつでもご注文可能です。

お電話でのお問い合わせ、メールのお返事は、平日9:00~18:00に受け付けております。

お支払方法

クレジットカード

クレジットカードブランド一覧
カード決済にはVISA/JCB/MASTER/ダイナース/AMEX/NICOSなど、国内主要カードがご利用いただけます。

代金引換

商品受け取り時に配達員の方へ商品代金をお支払いいただきます。別途手数料を頂戴いたします(一律500円)

銀行振込

振込先はジャパンネット銀行となります。振り込み手数料はご負担ください。

PAYPAL

インターネット決済サービス「PAYPAL」を通して、商品代金をお支払いいただけます。

送料とお届け日数

ヤマト運輸宅急便発送・送料無料

ご入金いただいてから、24時間以内に発送します(日曜、祝日を除く)。ヤマト運輸「宅急便」でのお届けです。

※沖縄県、北海道、離島については航空便利用のため、1,500円の送料を頂戴します。

送料とお届け日数

安心の1ヶ月間動作保証・返品可能

返品については(場合により手数料が発生しますが)、理由を問わず承っております。また、1ヶ月の保証期間内に動作に不具合が出た場合は、購入金額を上限とした修理または返金の対応をいたします。

詳しくはこちら

Facebook